百日祝い・お食い初めコラム

歯が生え始めるとされる生後100日前後に、一生食べ物に困らないように願う行事で「お食い初め」とも呼ばれます。 赤ちゃんに初めて母乳以外のものを食べさせる(食べさせるまねをする)日です。

こちらでは、百日祝い・お食い初めの由来ややり方などをご紹介します。

スタジオマリオの
百日祝い・お食い初めキャンペーン
スタジオマリオの
百日祝い・お食い初め撮影メニュー

百日祝い・お食い初めの知識

初めての方必見!「お食い初め・百日祝い」おすすめお祝い方法
初めての方必見!「お食い初め・百日祝い」おすすめお祝い方法

「お食い初め・百日祝い」 の作法は地方ごとに多少の違いがありますが、初めて「お食い初め・百日祝い」を迎えるパパ・ママ向けに「知っておくと役立つ豆知識」をご紹介していきます。

お食い初めって何の為にやるの?の疑問を解決!
お食い初めって何の為にやるの?の疑問を解決!

昔は「赤ちゃんがここまで育った、ここまで無事だった」と祝う行事が多くあり、人々は赤ちゃんの成長が1つ節目を超えるごとに喜び、その先の健康と幸せを祈ってきました。そして、「お食い初め」も赤ちゃんの節目に行なわれた儀式のひとつです。

お食い初めの献立と食べ物の意味について
お食い初めの献立と食べ物の意味について

「お食い初め」は、箸を使って赤ちゃんに「祝い膳」を食べさせるマネをする儀式で、産まれた子が「一生食べものに困らないように」という願いが込められていると言われています。

男の子と女の子で異なるお食い初めの食器の習わし
男の子と女の子で異なるお食い初めの食器の習わし

お食い初めは、平安時代の儀式「百日(ももか)の祝」に由来すると言われる、長い歴史を持つ行事です。もともと貴族階級の行事だったために、どんなお膳をあつらえるか、器に何を使うかなど、細かな決まりごとがあります。ここでは、お食い初めの食器について習わしと由来をご紹介します。

百日祝いの時期は、赤ちゃんの表情から目が離せない!
百日祝いの時期は、赤ちゃんの表情から目が離せない!

生後百日(3カ月)程度の赤ちゃんは、新生児の頃より顔つきがしっかりして、表情が豊かになってくるため、パパとママにとっては、一時たりとも目をそらしたくない時期でしょう。まだ歯の生えない口でにっこりと笑う赤ちゃんは、「いつまでも見ていたい!」と思ってしまうものです。ここでは、そんな百日祝いの時期(生後3カ月程度)の赤ちゃんの特徴について、ご説明していきます。

親戚は?お食い初めには誰を招待したらいい?
親戚は?お食い初めには誰を招待したらいい?

「お食い初めには、誰を招待したら良いの?」、「友達を呼んで祝っても良いの?」など、お食い初めに関してさまざまな疑問を持っている方も多いと思います。今回は、そのような疑問をお持ちの方に向けて、お食い初めのお祝いへの招待についてご説明していきます。

お食い初め、やる?やらない?お食い初めの意味
お食い初め、やる?やらない?お食い初めの意味

お子さまが生まれてから、今まで聞いた事もなかった赤ちゃんの行事を知って、驚くママもいると思います。「お食い初めってどうしてもやらなくちゃいけないの?」、「そもそも何のためにやるの?」。そんな疑問にお応えして、「お食い初め」のQ&A;をご用意しました。