神社での参拝マナー

神社での参拝マナー

こどもの無事な成長を祝う七五三は、家族にとって忘れられない思い出になります。神社やお寺へ参拝する予定にしている方も多いでしょう。中には「作法を理解して参拝したいけれど、少し不安……」と感じている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、押さえておきたい、神社参拝における一般的な作法やマナーを取り上げます。基本をつかんでおけば、緊張し過ぎることなく七五三を執り行えるでしょう。後半では七五三のスケジュール例も紹介しています。

スタジオマリオの
七五三撮影メニュー
スタジオマリオの
七五三本番キャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

神社に参拝するときの一般的なマナー

神社に参拝するときの一般的なマナー

神社参拝の作法を押さえておくことは、「神様にこどもの成長を報告し感謝する」という七五三本来の意味を踏まえたときにも大切であるといえます。まずは神社参拝の大きな流れを把握し、それぞれの場面における「より丁寧」とされる作法やマナーを詳しく見ていきましょう。

神社参拝の流れ

神社の鳥居をくぐる前に、必ず身なりを整えるようにしましょう。鳥居の先は神聖な場所です。一礼をしてから鳥居をくぐり、境内に入るのが丁寧であるとされています。

参道では、神様が通る中央を避け、右か左のどちらかに寄ってゆっくりと歩くようにしましょう。道の左側を歩くときには左足から、右側を歩くときには右足から参道に入ります。大声で騒ぐことは禁物です。

参道を進んで手水舎(てみずや)と呼ばれる場所で手水をとり、心身を清めます。その後神前に進んで軽くお辞儀をしてから賽銭箱に賽銭を入れ、鈴を鳴らし、二礼二拍手一礼での参拝という流れです。

手水舎での手順|最後に柄杓の柄も洗い清めましょう

手水舎では、まず右手に柄杓を取って左手を洗い清めます。次に左手に柄杓を持ち替え、右手を清めましょう。その後、もう一度右手に持ち替えて左手のひらに水を受け、口に水を含みます。再び左手を清め、最後に柄杓を立てて残った水で柄杓の柄を洗い清めて終了です。

柄杓に直接口を付けないように気を付けましょう。柄杓に残った水を水盤に戻すこともマナー違反です。

鈴と賽銭の手順|賽銭はそっと入れます

まずは神殿の前に歩みを進め、姿勢を正しましょう。次に浅くお辞儀をし、賽銭箱に賽銭を入れます。賽銭は投げ入れるのではなく、そっと入れるのがマナーです。

賽銭を入れた後、鈴がある場合は鳴らしましょう。これは、鈴の音によって身を清めるとともに、神さまにお参りに来たことをお知らせする意味があるとされています。

神前での手順|神社は二礼二拍手一礼

神社における参拝の作法は、一般的に「二礼二拍手一礼」です。手順は以下のようになります。

  • 神殿に向かって2回深くお辞儀をする(二礼)
  • 胸の高さで手を合わせ、右手の指先を少し下にずらし、2回拍手をする(二拍手)
  • 合わせた両手の指先をそろえ、その後手を下ろす
  • 最後に1回深くお辞儀をする(一礼)

神社によっては二礼四拍手一礼など、参拝方法が異なる場合もあります。参拝前に確認しておくとよいでしょう。

ご祈祷の謝礼とのし袋の書き方

ご祈祷の謝礼とのし袋の書き方

七五三でご祈祷をお願いする場合には、謝礼として「初穂料(はつほりょう)」をお供えします。参拝のみの場合のお供えは賽銭です。初穂料は3,000円から1万円くらいが一般的であると認識しておきましょう。金額が決まっている神社も多くあります。

初穂料の渡し方は、のし袋に入れる、白封筒に入れる、袋に入れないなど、神社によって異なるため、事前のリサーチがおすすめです。のし袋の場合には、蝶結びで紅白の水引のものを選びます。

表書きは、上の中央部分に「御初穂料」や「御初穂」、または「玉串料(たまぐしりょう)」と書き、下の中央部分には祈願するお子さまの名前をフルネームで書くようにしましょう。神社にもよりますが、初穂料は神社の受付で七五三祈願の申し込みをする際に渡すケースが多く見られます。

参拝後にすること

おみくじを引いたり、お守りを頂いたりするのは参拝の後です。御朱印も参拝をした後に頂きましょう。境内を出る際には、鳥居の前で本殿に向き直ってお辞儀をするのがより丁寧であるとされます。

スタジオマリオの
七五三撮影メニュー
スタジオマリオの
七五三本番キャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

御朱印のもらい方

御朱印は、神社やお寺への参拝を記録する印章のことです。「御朱印帳」と呼ばれるノートのようなものに、神社の名称、参拝日などを書き添えてもらえます。参拝の証しとして集めている人も少なくありません。

御朱印は、神前での参拝を終えた後に押印していただきましょう。大きな神社には、境内に御朱印所を設けていることがあります。御朱印を頂いた際の初穂料は、「お気持ち」としている神社もありますが、300円程度を納めるのが一般的です。

神社とお寺で、参拝方法が異なる?

お寺における参拝も、手水舎までの作法は同じです。本堂に入る前に、鐘をつけるお寺では鐘をつかせていただきましょう。神社で鈴を鳴らすのと同様に、自分が来たことを知らせる意味があるとされています。従って参拝をした後に鐘をつくのは失礼に当たる、縁起が悪いとされる場合もあるため、タイミングには注意が必要です。

蝋燭(ろうそく)と線香が用意されている場合には、献灯と献香を行い、線香の煙で身体を清めます。本堂では、賽銭を納めた後に合掌し、一礼という作法です。このとき拍手は行いません。

参拝前には、お参りする仏様の名前を確認しておきましょう。阿弥陀仏なら「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」、薬師如来なら「南無薬師瑠璃光如来(なむやくしるりこうにょらい)」、観音菩薩なら「南無観世音菩薩(なむかんぜおんぼさつ)」、釈迦如来なら「南無釈迦牟尼如来(なむしゃかむににょらい)」と唱えます。

スタジオマリオの
七五三撮影メニュー
スタジオマリオの
七五三本番キャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

七五三参拝の服装のマナーは?

七五三参拝の服装のマナーは?

七五三の参拝に際しては、服装選びもマナーにのっとったものにしましょう。こどもも大人も、基本はフォーマルです。服装は事前に吟味できます。しっかりとポイントを把握して服装を選んでおけば、安心して七五三に臨めるでしょう。

ここでは、こどもの服装、お母さんの服装、お父さんの服装と分け、それぞれ和装と洋装ごとにポイントをまとめます。

こどもの服装

七五三のタイミングは、一般的に男の子の場合は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳です。以下に、それぞれの年齢での服装例を和装・洋装に分けてまとめました。状況によって7歳の男の子と5歳の女の子が七五三を祝うケースでも、基本の考え方は同じです。

和装の例洋装の例
3歳・男の子
  • 着物+被布
  • 着物+袴+羽織
  • スーツ
  • シャツ+パンツ+ベストかブレザー
3歳・女の子
  • 着物+被布
  • ワンピース
  • ドレス
3歳・男の子
  • 着物+袴+羽織
  • スーツ
  • シャツ+パンツ+ベストかブレザー
7歳・女の子
  • 着物
  • ワンピース
  • スーツ
  • ドレス

体格が小さい3歳の和装では、男の子も女の子も着物に被布(ひふ)を合わせるスタイルが多く見られます。帯は地方により異なるものの、やわらかな兵児帯(へこおび)が一般的です。

着物は体格に合わせて三つ身、または四つ身と呼ばれるものを着用しますが、仕立て直しすることで、お宮参りのときに使った着物(産着・初着)が着用できることもあります。

男の子が袴を着用する場合には、紋付の着物に 羽織を合わせるのが正式なスタイルとされています。羽織は、鷹や兜などが描かれた「絵羽織」や袖のない「陣羽織」が一般的です。

7歳女の子の和装では、大人と同じような着付けで着物を着ます。帯は袋帯で、手着付けに必要な小道具や小物も増えるのが特徴です。

洋装の場合には、フォーマルを意識して選びましょう。洋装は動きやすいため、移動のことを考え七五三の参拝の服装として選ぶ方もいます。

お母さんの服装

お母さんの服装は、こどもの服装に合わせて選ぶのが基本です。お子さまが洋装であれば洋装、和装であれば洋装でも和装でも構いません。

洋装の場合には、フォーマルなワンピースやスーツが候補です。スカートの丈が短くなり過ぎないように気を付けましょう。明るい色味のものは、お子さまの服装とマッチしやすいかもしれません。紺やグレーといった落ち着いた色の場合には、コサージュやスカーフなどをつけると、華やかさがプラスされるでしょう。

和装の場合には、訪問着や色無地、付け下げなどから選ぶのが一般的です。色柄は主役であるお子さまの着物よりも派手にならないように気を付けます。

お父さんの服装

お父さんの服装は、お子さまの服装やお母さんの服装とのバランスで決めるのがおすすめです。スーツはオールマイティーですので、迷う場合にはフォーマルスーツかダークスーツ(ビジネススーツ)にしましょう。

例えばお母さんの服の色を意識したシャツの色を選んだり、お子さまの服装に調和するネクタイを合わせたりすると、家族で統一感が生まれます。

お父さんが和装をするのは、お子さまとお母さんの両方が和装の場合がよいでしょう。お召(おめし)や紬(つむぎ)の着物に羽織を合わせるスタイルが一般的です。袴はマストではありませんが、好みで着用することもできます。足袋の色は白が基本です。派手な色足袋や柄足袋は控えましょう。

スタジオマリオの
七五三撮影メニュー
スタジオマリオの
七五三本番キャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

いまさら聞けない?七五三の疑問Q&A

いまさら聞けない?七五三の疑問Q&A

七五三は人生の中で何回も経験する行事ではありません。日本の伝統行事ということもあり、普段なじみの薄い作法や常識もあります。そのため、「なぜ?」「どうして?」という疑問が起こりやすいかもしれません。

七五三の参拝を滞りなく済ませるためにも、疑問は解消してから準備に進みましょう。ここでは、多くの方が感じる疑問を5つ取り上げます。

Q1.参拝先を選ぶ基準は?

【A】七五三の参拝先は、ご家庭の事情や都合で決められます。伝統的には居住地にある氏神さまへの参拝となりますが、祖父母と共に祝う場合など、実家の近くの神社が選ばれることも少なくありません。

安産祈願や初宮参りに参拝した神社を、無事に成長していることを報告する意味も込めて参拝先に選ぶ方もいます。そのほか、神社やお寺の知名度も参拝先を選ぶ基準のひとつになるでしょう。

Q2.ご祈祷の予約は必要?

【A】ご祈祷の申し込み方法は参拝先によって違います。予約必須のこともあれば、当日申し込みのみを受け付けている場合もあるため、事前のリサーチは欠かせません。初穂料が決まっている神社もあるため、併せて調べておくとよいでしょう。

七五三シーズンは混雑が予想されます。予約を受け付けているのであれば、予約しておいたほうが安心です。

Q3.千歳飴はどこで手に入る?

【A】千歳飴を持った姿での記念写真は、ぜひ残しておきたい七五三らしい1枚です。千歳飴はご祈祷を申し込むと頂く「授与品」に含まれているケースも多くあります。参拝のみの場合には、授与品はありませんので、事前に準備しておきましょう。

千歳飴は、おおむね9月頃から七五三シーズンに向けて、デパートやお菓子屋さんなどで販売されています。オンラインショップなど、通年販売しているお店もありますので、検索してみましょう。

Q4.七五三は参拝のみでもOK?

【A】七五三で大切なのは、こどもの成長を感謝する気持ちです。「ご祈祷をお願いしないと失礼なのでは?」と心配する方もいますが、感謝の気持ちさえあれば、参拝のみでも決して失礼には当たりません。

時間や体力的な問題など、事情はご家庭によってさまざまです。家族にとって一番良い方法で参拝しましょう。

Q5.記念撮影は参拝の前?後?

【A】基本的にはご家族に合ったスケジュールで構わないでしょう。おすすめは参拝前の記念撮影です。七五三当日は、移動や慣れない服装など、お子さまとってストレスとなるシーンも少なくありません。お参りの後に撮影となると、疲れ切ってしまうこともあり得ます。

なお、こどもの着付けやヘアメイクが無料のフォトスタジオで記念撮影をする、ということも賢い選択です。撮影予約(場合によっては着物レンタルの予約)をすれば、着付けの予約は不要で移動も少なく済むため、お子さまの体力的な負担も軽くなるでしょう。

参拝日よりも前に記念撮影を済ませておくのもおすすめです。当日のスケジュールがハードになるのを抑えるだけでなく、記念写真の撮影を済ませることで精神的にも余裕が生まれます。

スタジオマリオの
七五三撮影メニュー
スタジオマリオの
七五三本番キャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

七五三のタイムスケジュール例&押さえておきたいポイント

七五三のタイムスケジュール例&押さえておきたいポイント

七五三の準備として、タイムスケジュールの確認があります。七五三の祝い方としては、神社やお寺での参拝、記念撮影、食事会という流れが一般的です。しかし、家族の都合に合わせてフレキシブルに変更できます。食事会を割愛したり、記念撮影を別日にしたりするご家庭も少なくありません。

ここでは、タイムスケジュールを確認する際に押さえておきたい、4つのポイントを紹介します。

1.事前予約

予約が必要な事柄として、衣装、着付け・ヘアメイク、ご祈祷、記念撮影などがあります。食事会をする場合にはレストランやホテルなど、会食会場の予約も必要です。

衣装をレンタルする場合には、参拝の日付が決まり次第、できるだけ早く予約するようにしましょう。ぎりぎりになると、衣装の選択肢が限られるケースもあります。

記念撮影は参拝日よりも前に撮影日を設ける「前撮り」が人気です。フォトスタジオの多くは、前撮り撮影を春ごろから始めています。日焼け前の記念撮影を希望する方も少なくありません。記念撮影を別日に予約しておけば、七五三当日のスケジュールにゆとりが生まれやすくなるメリットがあります。

2.着付け・ヘアメイク

七五三当日に着付けやヘアメイクが必要な場合には、その時間を当日のスケジュールに組み込んでおかなければなりません。親子で和装という場合には、時間がかかることも予想されます。事前にどのくらいの時間を見ておけばよいのか確認しておくと安心です。

なお、記念撮影を前撮りにすることで、例えば記念撮影で和装、七五三当日は洋装という選択も候補に加えやすくなります。七五三当日の移動やトイレ、食事のことなどを考えると、洋装はこどもにとっても親にとっても負担が軽くなる服装かもしれません。状況に合わせて総合的に判断しましょう。

3.参拝・記念撮影・食事会

七五三当日に記念撮影を行う場合は、参拝前の撮影がおすすめです。体力的なことだけでなく、スケジュール的にも焦らずに済みます。人気の神社やご祈祷の予約不可の神社では、申し込みに列ができ、予想以上に時間がかかることも少なくありません。ゆとりのあるスケジュールを立て、休憩のための時間や場所を考えておくことも大切です。

会食会場は参拝先や自宅の近くなど、移動距離の短い場所を選ぶとよいでしょう。ケータリングサービスを使い、自宅で会食することもできます。

4.記念写真の活用

記念撮影は七五三の大切なイベントでしょう。しかし、撮影が済むとほっとして、撮りっぱなし……ということもよくある状況といえるかもしれません。記念写真の活用までを七五三のスケジュールに組み込んでおきましょう。

祖父母やお世話になっている方など、お子さまの成長を楽しみにしている方は大勢います。記念写真をプリントしたり、フォトブックやカレンダーなどを作成したり、SNSで共有したりと活用方法はさまざまです 。プレゼントと一緒に日頃の感謝を伝えると、喜ばれるでしょう。

スタジオマリオの
七五三撮影メニュー
スタジオマリオの
七五三本番キャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

七五三の参拝はスタジオマリオでの写真撮影とセットがお得!

七五三の参拝はスタジオマリオでの写真撮影とセットがお得!

七五三では、神社やお寺への参拝とともに記念写真の撮影も欠かせないとお考えのお父さん、お母さんも多いでしょう。こども写真のスペシャリストであるスタジオマリオは、参拝も記念撮影も、どちらも安心・快適でお得になるサービスをご用意しています。

写真集・アルバムなど多彩で高品質な七五三商品も自慢です。ここからはスタジオマリオの魅力を紹介します。

当日はスタジオマリオで着付け→そのまま参拝!

スタジオマリオでは、撮影用衣装をはじめお子さまの着付けとヘアメイクも無料です。当日撮影、または前撮りされたお客さまには、お参り用の着物レンタルを特別価格でご用意しています。

お参り用の着物レンタルサービスをご利用いただければ、お子さまは普段着でのご来店が可能です。当日撮影では店内で着付け・ヘアメイク・記念撮影を済ませ、そのまま着物で参拝先に直行というシンプルなスケジュールになります。

前撮りをして後日お参りという場合にも、お参り用のレンタル着物の着付け、ヘアメイクはセットです。さらに、前撮りとお参りで別々の着物を選べることも、うれしいポイントとして実感いただけるでしょう。

前撮りで当日のスケジュールに余裕が生まれる!

スタジオマリオの七五三撮影は春から始まります。お子さまが日焼けする前や学校の長期休暇の利用、お父さん、お母さんの仕事の都合に合わせてなど、スケジュール調整も自在です。また、早めの前撮り(早撮り)であれば、お参り用着物のレンタル料がさらにお得になります。

前撮り撮影のメリットのひとつは、七五三当日のスケジュールに余裕が生まれることです。次の予定を気にして焦る必要がありません。

また、ハイシーズンを迎える前の前撮りは、好きな衣装をゆっくり選べます。スタジオマリオでは、撮影衣装のお着替えも無料です。着物だけでなく、ドレスやスーツスタイルなど洋装でも撮影でき、雰囲気の違う写真でお子さまの成長を記録できます。

多彩な商品ラインアップ!お買い上げ写真の画像データも購入可能!

スタジオマリオの写真は高品質な仕上がりが自慢です。写真集やアルバムといった商品を多数ご用意しています。

画像データが入った「マリオフォトディスク」とのセット商品「七五三セット」各種もおすすめです。高品質な画像データとして保存しておけば、SNSにアップしたり、年賀状に利用したりと活用の幅も広がります。

さらに、引き伸ばしてインテリアパネルにしたり、自分で撮った画像とマリオフォトディスクの画像を組み合わせてフォトブックを作ったりといった活用も可能です。カメラのキタムラには、フォトブックのほかプリント商品の種類もたくさんありますので、ぜひご利用ください。※2021年7月時点の情報:予告なく変更する場合があります。

スタジオマリオの
七五三撮影メニュー
スタジオマリオの
七五三本番キャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

まとめ

まとめ

七五三は日本の伝統行事です。神社やお寺に参拝する際は、服装や作法などマナーを意識して臨みましょう。家族の体力や都合なども考え併せ、ゆとりのあるスケジュールを立てることも重要です。

七五三の記念撮影のタイミングは複数のパターンがありますが、スタジオマリオでの前撮りはメリットを多く実感していただけるサービス内容です。当日のスケジュールにゆとりが生まれることに加え、当日撮影とお参り用着物レンタルの組み合わせで、着付けやヘアメイクの負担を軽くすることもできます。

さらにスタジオマリオの確かな技術で出来上がった高品質の写真は、お子さまの成長を喜んだご家族の証しとなるでしょう。皆さまのご予約をお待ちしています。

初めての七五三を迎える方に
七五三はいつ頃するの?七五三のお参り・写真撮影に適した年齢と時期について

七五三はいつ頃するの?七五三のお参り・写真撮影に適した年齢と時期について

この記事では、七五三を迎える年齢と記念撮影のタイミングを分かりやすく解説します。七五三の基本情報も押さえておきましょう。七五三のお祝いや記念撮影に関する知識を深めておくと、段取りもしやすく、安心です。

スタジオマリオの
七五三撮影メニュー
スタジオマリオの
七五三本番キャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

スタジオマリオ

写真スタジオ
スタジオマリオ

「スタジオマリオ」は、写真専門店「カメラのキタムラ」が運営するこども写真館です。テーマパークのようなワクワク空間で、ご家族みんなが笑顔になれる思い出づくりのお手伝いをいたします。
七五三やお宮参り、入園・入学、お誕生日、成人式…といったお子さまの大切な記念日から、みんながそろった家族写真など、さまざまな撮影メニューをご用意しております。
撮影に関するお役立ち情報も配信しておりますので、ぜひご覧ください!