お宮参り男の子と女の子の写真撮影の日程は?いつまでがベスト?

お宮参りお役立ちコラム

お宮参りをする時期は、一般的には男の子は生後31日目、女の子は32日目と言われています。しかし、地域によっては3日程度前後するほか、生後7日目の夜に行われる 「お七夜(おしちや)」や、生後100日目の百日祝いと合わせて行う地域もあるようです。

では、お宮参りはいつ頃おこなうのが良いのでしょうか??

お子さまの生まれた時期が暑い時期、また寒い時期の場合には、「こんな時期に外出して体調くずしたりしないかしら」と心配される方もいらっしゃいます。 慣わしを優先すべきか、いやいや体調を優先すべきか。お宮参りをおこなう時期についてご紹介します。

慣習優先か?体調優先か?

結論から申しますと、お宮参りを迎える頃の気候や天候次第で日程を変えても問題はありません。

慣習優先と考えられていた方からすると少し拍子抜けされるかもしれませんが、最近では各神社のWEBサイトでも「一般的には30日前後に行われますが、参列者の体調や天候にも配慮の上、最良の日にお参りください」というような記載が増えています。
仮に前述のような記載がない神社であっても「体調が悪くでも慣習を守って参拝ください」と言われることはないでしょう。まずは参列者の体調を優先してください。

生まれたばかりの赤ちゃんにとって、真夏の暑さや冬の寒さが体調に与える影響は大きく、それは産後間もないママにとっても同様です。赤ちゃんの体調が良いから、とママに無理をさせないように配慮してあげることを忘れないようにしましょう。

赤ちゃんの肌は考えている以上に敏感!

生後1カ月以内の赤ちゃんは、少しの風や光でも肌への刺激となりますし、室内と屋外の気温差に対応することも難しく、からだに負担がかかる時期です。

お宮参りの時期には、少しずつ外出を始めても良いと言われていますが、直射日光は避け、できる限り短時間の外出を心掛けましょう。お宮参りが初めての外出になるとなにかと不安ですので、お宮参りの日までに窓越しやベランダに出て外の空気に慣れる準備をしておくと良いですね。

また、ママも出産後に体力が回復するまでの期間を産褥期(さんじょくき)と言い、一般的には6~8週目までを目途とします。
言い換えれば、6~8週目までは体力が戻っていない時期ということです。

この時期に無理をすると子宮の回復を遅らせ、場合によっては後々の体調に悪影響を及ぼすこともあります。当日は赤ちゃんだけでなくママの体調が悪いと感じた時は日程の変更をするようにしましょう。

お宮参りはいつまでに行けば良い?

赤ちゃんやママの体調を考え、「お参りを1週間ずらす」という程度であれば問題はないでしょうが、ご出産時期や地域によっては、天候の問題がすぐには解決できないことも往々にしてあります。

そんな場合には、記念撮影は生後1カ月ほどで行い、お参りは体調や気候を配慮し行うというのも有効な手段です。なぜ記念撮影は1カ月ほどで行う方が良いかというと、「赤ちゃんの成長が早いから」の1点につきます。

赤ちゃんの成長は本当に早いものです。2~3ヶ月もすると1ヶ月頃の赤ちゃんの大きさや抱っこしたときの感覚を忘れてしまうこともしばしば。
ご兄弟がいらっしゃるご家庭では、生まれてきた赤ちゃんを抱っこした際に「こんなに小さかったっけ」と感じた方も少なくないのではないでしょうか。

この時期だからこその表情も、ぜひ写真に残しておきたいものです。 こども写真館スタジオマリオでは、授乳スペースやベビーベッドの用意はもちろんのこと、一緒に撮影するかわいい小物も豊富に取りそろえていますので、お気軽にお問い合わせください。

スタジオマリオのお宮参り撮影 詳しくはこちら