夏のお宮参りの服装はどうする?注意点と対策ポイントを押さえよう!

夏のお宮参りの服装はどうする?注意点と対策ポイントを押さえよう!

夏のお宮参りは、生後1か月前後の赤ちゃんにとって負担が大きいイベントかもしれません。少しでも過ごしやすい服装をさせたいと思いながらも「何がベストなのか分からない……」と悩むお母さんやお父さんもいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、赤ちゃんをはじめお宮参りに参加する方向けに、夏にお宮参りする場合のおすすめの服装について解説します。把握した上で準備をすると、マナーを守りながら快適に過ごせるでしょう。また、役立つ注意点と対策ポイントも紹介しますので、お宮参りを夏に予定している場合は参考にしてください。

スタジオマリオの
お宮参り撮影メニュー
スタジオマリオの
お宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

【夏のお宮参り】おすすめの服装

【夏のお宮参り】おすすめの服装

夏は屋外の気温が高く、屋内との気温差も大きくなりやすい季節です。赤ちゃんや産後間もないお母さんが体調を崩すことがないよう、当日の服装には十分気を付ける必要があります。

また、服装を考える際には、赤ちゃんの服装と参加する方の服装とのバランスも大切です。ここでは、赤ちゃん、お母さん、お父さん、祖父母、きょうだいが夏のお宮参りに参加する際におすすめの服装を紹介します。

赤ちゃん|風通しの良さを意識して

夏のお宮参りにおける赤ちゃんの服装は、肌着の上に「内着」を着せて着物(産着・初着)で包むスタイルが一般的です。正式な和装の場合、内着は純白の絹生地で作られた「白羽二重(しろはぶたえ)」の着物を着せますが、ベビードレスやロンパースなどで代用することもあります。

暑い日に赤ちゃんが風通し良く過ごすためには、内着や肌着の素材にこだわるとよいでしょう。なるべく通気性の良い内着に、ガーゼ素材などの肌着を選ぶのがおすすめです。初着は夏日の屋外で長時間掛けていると赤ちゃんに負担がかかってしまうかもしれません。お参りと写真撮影のときだけにとどめるなど、調節してあげるようにしましょう。

お母さん|露出は避け体温調節できる服装を

お母さんの服装は、露出度が少なく体温調節できるものがおすすめです。まずは赤ちゃんの服装に合わせて、和装か洋装にするかを選択しましょう。

赤ちゃんが和装だからといって、お母さんも着物を着なくてはいけないという決まりはありません。着物を着ない場合は、夏用のスーツやワンピースなど、フォーマルな服装でお宮参りに参加しましょう。

また電車での移動時や食事の際など、冷房の効いた室内にも対応できるよう、サッと羽織れるカーディガンなどを持っておくと便利です。

お父さん|夏に合った素材感のスーツを

お宮参りでは、お父さんはスーツを着用するのが一般的です。赤ちゃんやお母さんが和服で正装する場合はフォーマルなブラックスーツ、赤ちゃんがセレモニードレスなどを着る場合はダークカラーのスーツを選びましょう。

ブラックスーツやダークスーツは、春夏用・秋冬用と季節によって生地や裏地の素材、仕立て方が異なります。事前に確認し、春夏用のスーツやオールシーズン用のスーツを着用しましょう。夏場であれば、背抜き仕立てや半裏仕立てのものがおすすめです。

また、ジャケットはお参りのときや記念写真の撮影といった、必要なタイミングで羽織るようにし、それ以外はワイシャツで過ごしてもかまいません。

祖父母|周囲とのバランスを意識した服装を

祖父母の服装は、周囲とのバランスを意識して選びます。祖父はスーツを着用するのが一般的です。祖母の装いは、赤ちゃんやお母さんの服装に合わせるのがよいでしょう。和装であれば黒留袖、色留袖、色無地、訪問着から選びます。洋装であれば、フォーマルなデザインのスーツやワンピースを選びましょう。

また、お宮参りに両家の祖父母が参加する場合、それぞれの服装がアンバランスになってしまわないように注意が必要です。事前に当日の服装を打ち合わせておくことをおすすめします。

きょうだい|基本的には赤ちゃんに合わせて

きょうだいの服装は、基本的には赤ちゃんに合わせます。赤ちゃんが洋装の場合は、清潔感のある白のシャツやブラウスに落ち着いた色のボトムスを着用するのがおすすめです。赤ちゃんが和装であれば、きょうだいが着物を着ても構いません。

きょうだいの服装も、なるべく風通しが良い素材を選ぶようにしましょう。華やかさやフォーマル感を出すために、蝶ネクタイやコサージュなどの小物を活用するのもよい方法です。また、幼稚園などの制服がある場合、制服を着用しても問題ありません。

スタジオマリオのお宮参り撮影メニュー

スタジオマリオのお宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

【夏のお宮参り】服装選びのポイント

【夏の宮参り】服装選びのポイント

夏の暑い日にお宮参りをする場合、服装選びは特に大切です。当日に暑さや汗で不快な思いをしないよう、あらかじめ対策をしておく必要があります。ここでは、夏にお宮参りをする際の服装選びのポイントを紹介します。

体温調節がしやすいか

お宮参りする時期の赤ちゃんは一般的に生後1か月前後であり、体温調節が苦手です。赤ちゃんが夏日でも風通し良く過ごせるように、内着として薄手の生地のベビードレスを選ぶ、肌着はガーゼ素材を選ぶなど、素材に気を付けて赤ちゃんの服装を工夫する必要があります。

また、当日は状況に合わせて調整できるようにすることも大切です。例えば初着はお参りのときだけ掛け、移動中は肌着と薄手のベビードレスのみにするなど、柔軟に対応しましょう。

着替えを用意しておく

夏場は赤ちゃんが特に汗をかきやすい時期なので、着替えを何枚か用意しておくと安心です。汗で濡れた肌着が冷えて風邪をひかないように、肌着の予備を複数枚用意し、こまめに確認して着替えさせてあげましょう。

また、赤ちゃんだけでなく、産後間もないお母さんも体を冷やすのは好ましくありません。授乳の際に汚れることもあり得ます。心配な場合はお母さんの着替えも用意しておくと、不測の事態に対応しやすくなるでしょう。

スタジオマリオの
お宮参り撮影メニュー
スタジオマリオの
お宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

【夏のお宮参り】注意点や押さえておきたい4つのこと

【夏のお宮参り】注意点や押さえておきたい4つのこと

厳しい暑さが続く夏日にお宮参りをする場合、暑さで体力が奪われてしまうことが一番の懸念点です。暑さの中でも無事にお宮参りを済ませるために、注意点を押さえておきましょう。ここでは、ポイントを4つに絞って紹介します。

脱水症状や熱中症に気を付ける

夏のお宮参りでは、赤ちゃんも大人も暑さで体調を崩す可能性が高くなるため、体調管理を徹底しましょう。特に赤ちゃんは体内の水分の割合が大人よりも高いため、脱水症状に注意が必要です。

脱水症状を予防するために、お宮参りする神社や立ち寄り先に授乳室があるか確認したり、赤ちゃん用の飲み物を準備したりして、こまめに水分補給ができるようにしましょう。

また炎天下でのお宮参りは強い日差しを浴びやすく、熱中症になりやすい環境です。可能であれば日よけの役割を果たすベビーカーを持ち込むなどして、赤ちゃんの熱中症を予防しましょう。

暑さ対策グッズを持って行く

夏にお宮参りする場合、暑さを軽減できるような対策グッズを持っていくのがおすすめです。ベビーカーを持ち込める場合、赤ちゃんが乗る場所に敷くだけで使える冷感マットを活用するとよいでしょう。優しく赤ちゃんの肌を冷やすため、生まれたての赤ちゃんでも安心して使えます。

またハンディタイプの扇風機を持っていけば、手元で簡単に涼を取れるため便利です。赤ちゃんと大人どちらにも使えるため、夏のお宮参りにおすすめです。

無理のないスケジュールを立てる

お宮参りは赤ちゃんやお母さん、お父さんにとって慣れないことばかりかもしれません。そのため、当日に疲れが出てしまうこともあります。お宮参り後の食事会や写真撮影のスケジュールを立てるときは、無理のないように調整しておくことが大切です。

お宮参り当日に食事会や写真撮影を全て済ませるのではなく、別日に分散することで余裕ができ、赤ちゃんの機嫌を損ねずにすむこともあります。食事会を別日にしたり、写真撮影をお宮参りの前に済ませたりすることなども検討しながら、状況に合ったスケジュールを組みましょう。

酷暑を避け時期をずらすことも可能

産後はお母さんの体調が万全ではないため、赤ちゃんの体調と併せて周りが気にかける必要があります。加えて酷暑の時期にお宮参りとなれば、お母さんと赤ちゃんへの負担も大きくなりやすいでしょう。

一般的には生後1か月前後でお宮参りすることにはなっていますが、状況に合わせてずらしても問題ありません。思い切って暑い夏を避け、気温が落ち着いた時期に行うご家庭もあります。

スタジオマリオのお宮参り撮影メニュー

スタジオマリオのお宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

暑い夏のお宮参りはスタジオで記念撮影しよう!

暑い夏のお宮参りはスタジオで記念撮影しよう!

お宮参りの思い出を残すための手段として、写真スタジオの利用をおすすめします。スタジオマリオならば、こども撮影の経験が豊富な撮影スタッフがお子さまの自然な笑顔を引き出し、すてきな瞬間を捉えることが可能です。ここでは、スタジオマリオの魅力を紹介します。

豊富な衣装が魅力

スタジオマリオでは、写真撮影の際の衣装をごきょうだいも含め無料でお選びいただけます。豊富な衣装の中から、お好きなものを選択可能であることは、スタジオマリオの大きな魅力です。大切なお宮参りの記念をいろいろな雰囲気で残したいと考える多くのお母さん・お父さん方から支持されています。

また、「暑い外では落ち着いて記念写真が撮れないかもしれない……」と心配な方も、スタジオマリオであれば快適な環境で撮影ができるため、ぜひご利用ください

こども写真のプロに任せられる

スタジオマリオの撮影スタッフは、こども写真のプロとして確かなスキルを習得しており、お子さまのすてきな表情を逃しません。日程変更をご希望の場合も、無料で対応いたします。また、撮り直しも対応しますのでお気軽にお申しつけください。

赤ちゃんやお母さんに優しい環境が整っている

スタジオマリオでは、赤ちゃんやお母さんが快適に過ごせるような環境づくりに努めています。赤ちゃんの撮影にあたっては専用の椅子を用意しているため、首がすわっていないお宮参りの時期の赤ちゃんも安心です。また、お母さんが安心して赤ちゃんのお世話ができるよう、授乳室やベビーベッドを完備しています。

スタジオマリオのお宮参り撮影メニュー

スタジオマリオのお宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

まとめ

まとめ

夏のお宮参りは暑さが厳しい中で行うことも予想されるため、過ごしやすい服装で参加することが大切です。特に赤ちゃんは体温調節が苦手であることから、風通しが良くなるように工夫する必要があります。また、お宮参りは産後間もないお母さんも負担を感じやいかもしれません。無理のないスケジュールにし、十分な暑さ対策をしましょう。

スタジオマリオでは、本格的な研修を受けたプロの撮影スタッフが赤ちゃんのベストな瞬間を撮影します。お宮参りの衣装も無料で貸し出し可能な他、赤ちゃんとお母さんが安心して撮影に臨める環境があるのもポイントです。お宮参りの思い出を写真にするなら、スタジオマリオにお任せください。電話予約センターの他、ネットでも予約を承っています。

スタジオマリオの
お宮参り撮影メニュー
スタジオマリオの
お宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

お宮参りの写真をフォトブックにするならカメラのキタムラ!

お宮参りの写真をプリントするならカメラのキタムラ!