お食い初め、やる?やらない?お食い初めの意味

百日祝い・お食い初めお役立ちコラム

お子さまが生まれてから、今まで聞いた事もなかった赤ちゃんの行事を知って、驚くママもいると思います。「お食い初めってどうしてもやらなくちゃいけないの?」、「そもそも何のためにやるの?」。そんな疑問にお応えして、「お食い初め」のQ&A;をご用意しました。

「お食い初め」って何のためにやるの?

「お食い初め」は、赤ちゃんが「一生食べものに困らないように」と願って行う儀式です。
「お食い初め」の歴史は古く、平安時代から行われていました。栄養状態の悪かった時代は生後100日を超えられないお子さまも多く、そのため赤ちゃんの成長段階に合わせて折々に成長を祝い、先の幸せを祈る風習がありました。また昔は100~120日目を乳歯の生えはじめの時期としていたので、「丈夫な歯が生えるように」と願う「歯固め」の儀式として行われました。

「お食い初め」ってどんなことをするの?

「お食い初め」では、「一汁三菜の祝い膳」を用意して、養い親に選ばれた大人が赤ちゃんに食べさせます。食べさせると言ってもまだ離乳食が始まる前なので、食べさせる真似をするだけ。米粒ひと粒でも口へ入れたら「おめでたい」と喜びます。また「歯固め」の儀式をします。お食い初めの祝い膳に「歯固め石」と呼ばれる小石を用意し、石に触れた箸で赤ちゃんの歯ぐきを触って丈夫な歯が生えることを願います。

「これが正解!お食い初めのやり方」
「お食い初めの石はどんな石?どこで用意する?」

実際に皆は「お食い初め」をやっているの?

昔の結婚は家同士のつながりが今よりもとても強い時代でしたので、お子さまの行事は両家の祝い事。「お食い初め」は親戚や知人を招いて、にぎやかに行う場合も多かったようです。今でも親戚や知人を呼んで「お食い初め」をする地域はありますが、赤ちゃんの両親と祖父母などの近親者だけでやるケースが多くなっています。また両親だけで簡略に行う家もあります。

「親戚は?お食い初めには誰を招待したらいい?」

「お食い初め」って絶対やらなくちゃいけないの?

「お食い初め」をしなくても問題はありません。ただ赤ちゃんの成長を祝い幸せを願う儀式なので、形式はともかくやっておきたいと思うパパママが多いようです。赤ちゃんの生誕100日のお祝いは、生涯一度しかない行事。後々やっておけば良かったと後悔しないために、やっておくのがおすすめです。

生後3カ月の赤ちゃんはパパママがあやすと笑うようになる時期。赤ちゃんの成長のスピードは速く、歯の生えていない笑顔もあっという間に見られなくなってしまいます。儀式めいたことが面倒なら写真撮影と、いつもよりちょっと豪華な食事をするだけという風にアレンジすればOK! 2度とないこの時期の赤ちゃんの笑顔を、記念に残したいですね。

スタジオマリオの百日祝い・お食い初め撮影 詳しくはこちら