住民票を移すと故郷の成人式に出られない!?

成人式撮影お役立ちコラム

成人式は社会的にも大人の仲間入りをしたという自覚を持ち、立派な成人になったことを周囲の人にも示す時――でもありますが、成人式に行く目的は式典そのものよりも「旧友に会う」という人が大半ではないでしょうか。

しばらく会わなかった友人たちの少し大人になった顔を見て、あれこれと談笑するのはとても楽しいもの。近況を報告しあい、思い出話に花を咲かせる。考えただけでもわくわくしてきますよね。

しかし、高校卒業と同時に進学、就職を背景に引っ越しをした人も数多くいるでしょう。今は地元を離れ、一人暮らしをする新成人はたくさんいます。では、成人式は住民票のある場所にしか出られないのでしょうか? できれば、小・中・高校の同級生が大勢いる、地元の式に参加したい。そう思う方も多いはず。ここでは、地元の成人式に出るための方法をご紹介します。

原則は「現住所」で開催される成人式に参加

成人式の案内は、基本的に現住所、住民票がある役所から届きます。地域によって多少の差はありますが、だいたい11月初旬~12月中旬までには案内を発送するようです。ですから10月~12月に住民票のあった場所が成人式の会場となるわけです。

混同してしまう人もいるかもしれませんが、「本籍地」は成人式の出席とは関係ありません。関係あるのは住民票です。

地元の成人式に参加する方法

成人式には出席したいけど、案内状がないから仕方ない。といって、地元の式に参加するのをあきらめるのは早いですよ。住民票がなくても、地方によっては式の参加が許可される場合もあります。これは地域によってさまざまな違いがあります。まずは、あなたが出席したい役所のホームページなどを確認してから連絡すると良いですね。

[注意]
市区町村によっては -例外なく参加を認めない- と明記しているところもあります。
参加できることを前提に市区町村に連絡する前にホームページで確認するか、参加できないかも、という心づもりで電話で問い合わせをされると良いでしょう。

成人式を取り仕切る担当は役所によって異なります。大抵は市役所の住民課、教育委員会などですが、ホームページなどでどの課が担当なのかを調べ、電話で問い合わせしてください。わからない場合は、役所へ電話した際に、「成人式についての質問をしたい」という旨を伝えましょう。

問い合わせはなるべく早めに

成人式は年明けすぐの大きな行事。年末年始は役所も忙しいですから、早めの問い合わせを心がけたいですね。3か月前くらいに問い合わせるのが理想ですが、どんなに遅くても年内に済ませましょう。年始は役所も特に忙しい時期ですので、ギリギリの問い合わせでは迷惑をかけてしまうかもしれません。

また問い合わせの際には、当日必要なものはあるか聞いておきましょう。身分証の提示を求められるケースも多くあるようです。

意外と重要!? 案内状について

案内状がなくても、名前と住所、身分証を見せれば入場できる場合もあります。しかし、案内状が「記念品」の引換券になっていることもしばしば。ぜひとも記念品が欲しい、自分だけもらえないのはさびしい、という方はそのあたりも事前に確認しておきましょう。

いかがでしたか。住民票がない場合でも、事前の問い合わせで出席できる可能性は高いようです。しかし当然、断られる場合もあります。そんな時は、式には参加せず会場付近で友人たちと待ち合わせをするなどして、旧友たちと合流してみましょう。一生に一度の晴れの式典、素敵な一日になりますように。

スタジオマリオの成人式撮影メニューについて詳しくはこちら