一升餅は何のため?もち米を使う理由など1歳誕生日伝統のお祝い

お誕生日お役立ちコラム

「一升餅」とは、モチ米一升(1800g)を使い丸型に作った祝い餅のこと。この一升餅を赤ちゃんの1歳の誕生日にかつがせる風習が、日本各地に伝わっています。とても1歳の赤ちゃんに、かつぐことのできない大きなお餅を背負わせるのは何のためでしょう? ちょっと不思議でユーモラスな一升餅についてご説明します。

一升餅という行事について

米作文化の日本人にとって、お餅は特別な意味を持つ食べもの。正月や行事などハレの日には、必ずお餅をつきました。丸く平らに固めた餅は鏡餅といい、神事に使う丸い青銅鏡に似せたもの。丸いお餅は、神聖な祈りを込めたものでした。中でも「一升餅」は、モチ米を一升も使う豪勢なお餅。昔の人はこの大きなお餅にお子さまの成長を願う気持ちを託したのでしょう。「一升」という言葉は「一生」に通じることから、これを赤ちゃんにかつがせて、

一生健康に
一生食べものに困らないように
一生お金に困らないように(餅は富裕の象徴でもあった)

と願ったのです。この行事は、名前もやり方も地域によってさまざまです。「一升餅」の他に「誕生餅」「餅背負い」「力餅」などとも呼び、かつぐのではなく草履をはかせて餅の上に立たせる「餅踏み」、「踏み餅」をする地方もあります。

一般的なお祝いの方法と準備

昔ながらの「一升餅」は、餅を風呂敷に包んで、赤ちゃんに斜めがけにして背負わせます。
斜めがけに背負わせるのは、お餅の重みで首が締まらないためなので、必ず片方の肩から反対の脇下へ斜めがけにして背負わせるようにしましょう。近頃では、背負いやすいように一升餅用の可愛いらしいリュックも売られています。伝統の風呂敷と背負いやすいリュック、どちらを選ぶかは自由に決めて大丈夫です。

一升餅は、かつげてもかつげなくてもおめでたい

モチ米一升(1800g)を使う「一升餅」は、重さがだいたい2kgくらいになります。これは1歳の赤ちゃんが背負うには、なかなか大変な重量です。でも、大丈夫。「一升餅」はかつげてもかつげなくても大成功とされています。

かつげたなら身を立てることができる
かつげなかったら親元に長くいる

と、どちらも良い意味に取られます。近頃では、背負いやすく後で分けやすいよう小型の餅をいくつか入れる形や、縁起の良い白蛇に見立て小ぶりの餅をつなげたものなど、「一升餅」の形もさまざまに変化しています。どれが良いということはないので、好きな形を選んでください。

「一升餅」の瞬間は最高のシャッターチャンス!

「どうしてお餅を背負うのかな?」と不思議そうにしている赤ちゃんがお餅を背負う姿は、生涯一度の名シーンです。“えい!”と背負って立ち上がる赤ちゃん、何かわからなくて泣き出す赤ちゃん、泣いても笑ってもかぎりなく愛しい1歳の最高の瞬間です。「一升餅」はパパママにとって、それこそ一生微笑んで思い出せる場面。カメラの用意を忘れずに、素敵な赤ちゃんの写真を撮ってくださいね。

楽しく温かな「一升餅」の行事。名シーンをたくさん写真に納めたら、記念のアルバムやパネルにして大切に残しておきましょう。「カメラのキタムラ」ではオリジナルアルバムの作成や、飾って楽しめる「WallDecoパネル」など、思い出をきれいに残すアイテムを豊富に取り揃えています。

スタジオマリオのお誕生日撮影 詳しくはこちら