七五三 お宮参り お誕生日に。記念日スタジオ

3歳の男の子は七五三をするべき!??

七五三お役立ちコラム

3歳の男の子は七五三をするべき!??

七五三のお祝いをするのは、男の子は5歳、女の子は3歳と7歳というのが一般的なイメージかもしれません。最近では3歳の男の子も七五三のお祝いをする方が増えてきています。
では実際にはどちらが正しいのでしょうか?

地域によって差がある七五三を祝う年齢

地域によって差がある七五三を祝う年齢

男の子の七五三を祝う年齢は地域によっても差があるようです。関東地方などの東日本では5歳だけ祝うという声が多かったのですが、西日本では3歳もお祝いをされる地域が多いようです。
ただ、最近では関東地方でも3歳の男の子の七五三をお祝いされる方が増えてきています。
なかには特に決まりがなく、「男の子も女の子も3歳、5歳、7歳の全部お祝いする」、もしくは「1度だけお祝いする」という地域や家庭もあり、数え年や満年齢という観点でもお祝いされる時期が異なります。
1950年に 年齢のとなえ方に関する法律 が施行されてからというもの、現代では「満年齢」で年齢を数えますが、それ以前の風習である七五三に関しては地域差が出るようです。

成長の節目と関連がある七五三

七五三いうのは、お子さまの成長に感謝しお祝いをする伝統行事です。

髪置(かみおき)の儀 … 3歳で髪を伸ばし始める儀式。男女が対象。
袴着(はかまぎ)の儀 … 5歳になった男の子が袴を着ける。男児が対象。
帯解(おびとき)の儀 … 7歳になる女の子は、着物帯を着け始める。女児が対象。

3歳の「髪置き」という儀式は、男の子も女の子も髪を伸ばし始めるというものなので、起源から考えると「男の子が3歳で七五三のお祝いをしても何ら問題がない、むしろお祝いすべきではないか」という考え方もあります。
ただ、神社やお寺によっても考え方は違い「髪置の儀の成り立ちは男女を対象としていますが…」と皆さまのお心次第ですよ、としているところもあるようです。
ちなみに今のように七五三をお祝いするようになったのは、江戸時代の呉服屋さんが商売繁盛のため、宣伝に利用したのが始まりという節もありますので、『こうしなければいけない』というルールは明確ではないのかもしれませんね。

我が子の成長を実感できるのでおすすめ

では、いざ3歳で男の子の七五三のお祝いしようと思っても「3歳の男の子の衣裳ってどんなものを着させるの?」と思う方もいらっしゃるではないでしょうか。
スタジオマリオですと、3歳の男の子用の羽織袴のレンタルの用意もあります。5歳の男の子とはまた違った「あどけなさ+男の子っぽさ」の表情が見られるかもしれません。
また、羽織袴を着させたいと思っても、日頃なれない和装の着付けが苦手なお子さまもいらっしゃいます。そんな時はスーツやタキシードなど撮影用の衣装もありますので、着物以外の衣装での撮影も素敵な思い出になるのではないでしょうか。
お参りもお食事会もとなると、お金も時間もと気になるのが親の本音というもの。
3歳の男のお子さまのお祝いは写真だけ残して…という方もいらっしゃいますので、お気軽にお問い合わせください。

スタジオマリオの七五三撮影メニューについて詳しくはこちら

七五三早撮りキャンペーン