七五三 お宮参り お誕生日に。記念日スタジオ

七五三当日に持っていくと便利なママグッズ

七五三お役立ちコラム

七五三当日に持っていくと便利なママグッズ

七五三お参りの当日、着物やスーツ・ワンピースなどいつもとは違う服装でお参りするお子さまも多いのではないでしょうか。
和装でもワンピースでも、普段着より良い衣装をきていると、ママたちは「衣装を汚さないかしら」とドキドキされることが多くなってしまいますよね。
・写真を撮る時に髪が乱れていた
・食事をしていたら着物を汚してしまった
・着慣れない衣装を長時間着ることで、疲れて眠ってしまった
そんな体験談も耳にしますが、状況を回避するための“あると便利なグッズ”をご紹介していきます。

疲れを軽減するためのグッズ

疲れを軽減するためのグッズ

まずは七五三の主役であるお子さまの衣装に着物を選ばれた場合に“あると便利なグッズ”です。
着慣れない着物に、履き慣れない草履のお子さまは、短い距離でも疲れてしまいがちです。履きなれない草履で長時間歩くことは、大人でも大変ですよね。
疲れを軽減するためには、履きなれた靴や靴下を用意すると良いでしょう。
お参りの直前までは靴を履いて、直前で草履に履き替えさせます。そうすると足の疲れかたは、かなり違ったものになります。

髪が乱れた時に手直しできるヘアピン

髪が乱れた時に手直しできるヘアピン

女の子の場合に絶対に持っていきたいアイテムが“ヘアピン”です。
きれいに着付け・ヘアセットを終えて、準備万端でお参りに行っても、祝詞に飽きてしまい、疲れてくるとつい頭をいじってしまうお子さまはたくさんいらっしゃいます。
セットした髪型が乱れてしまって、お参り・撮影どころではなくなってしまう場合も。そんなときは、ヘアピンを持っていると、その場で直すことができるので大変便利です。
気持ち多めに準備をしておくことをおすすめします。

食事の時に着物を汚さないために

七五三お参りの後には皆さまで食事に行かれるという方も多いのではないでしょうか。衣装のままで食事をすると汚してしまうのではないかと心配ですね。
できれば、お参りの後のために着替えを用意しておくと良いでしょう。お参りの後の食事も特別なイベントです。少しフォーマルなワンピースやシャツの着替えを用意しておくと、特別感も損なわずにお食事を楽しむことができます。
合わせて、食事の時に胸元にかけるためのタオルや、エプロンなどを持参しておけば、着替えの服も汚さずにすむので、より安心ですね。

11月は寒さ対策も必要

七五三シーズンは少し寒くなってくる時期ですので、寒さ対策が必要になります。お子さまには保温性のある下着を着せておくのがいいでしょう。着物は足元が寒いこともあるので、スパッツ(レギンス)をはかせるのもおすすめです。

また途中で寒がったり、疲れて眠ってしまった時に包んであげられるような、大判のストールを持っていくと便利です。普段ママが使っているものでかまいませんのでぜひ用意しておきましょう。

ママは少し大きめのバックを

ママは少し大きめのバックを

他にもお子さまがぐずった時に食べさせられるようなひと口サイズのお菓子や、汚れをすぐに拭き取れるウェットティッシュも用意しましょう。お菓子は服が汚れないものを選ぶようにしてください。
加えてカメラやビデオカメラも持ち歩くとなれば、荷物はかなりの量になりますね。ママも着物やフォーマルスタイルでキメているので、衣装に合わせたバッグを持ちたいところですが、バッグは実用性重視の大きめのものを持っていきましょう。
車で移動するのならば、持ち歩かなくていい物は車に置いて、持ち歩くものだけを入れておくバッグも用意しておくと便利です。
また当日の持ち物を忘れないよう事前にチェックリストを作って、忘れ物が無いように気をつけましょう。

スタジオマリオの七五三撮影メニューについて詳しくはこちら

七五三早撮りキャンペーン