七五三 お宮参り お誕生日に。記念日スタジオ

各地の七五三の違い

七五三お役立ちコラム

全国各地の七五三、どれも一緒じゃないの?

地域による男の子の七五三の違い

地域による男の子の七五三の違い

七五三は全国的に行われる行事です。
しかし、地域によってそれぞれ少し違いがあります。
特に違いがあるのが、男の子の七五三です。
女の子の場合には、全国的に3歳と7歳の時の2度にわたって行うのがほとんどです。 しかし男の子の場合、5歳の時にだけする地域と、3歳と5歳の2度にわたって行う地域があります。

関東地区と関西地区の七五三の違い

水引きの違い

関東地区の場合、七五三の参拝は神社でお子さまのご祈祷をお願いする人が多いです。また、関東でも3歳は女の子しかお祝いをしない地域があります。さらに謝礼を入れる祝儀袋についても、関東では蝶結びの水引で、関西ではあわびむすびにするという違いもあります。この他にも埼玉県や千葉県、茨城県の南部地域においては、七五三のお祝いを、結婚披露宴なみの華やかさで行うことがあります。
関西地区の場合、七五三と言ってもお賽銭を入れてお参りをした後、千歳飴のみを買って帰る人が多いです。また、関西では3歳の時に男女とも七五三のお祝いをするのが一般的です。

その他の地域の七五三

北海道をはじめとする寒冷の地域では、11月15日前後が既に寒くなっているため、1ヶ月早い10月15日に七五三を行うことが多くなっています。また福岡県の一部の地域においては、4歳から5歳、または7歳でふんどしや湯文字などの成人が身につける下着を初めて着る、「ひもとき」や「へこかき」、「ゆもじかき」を行う地域があります。
この他にもお祝いをする日付が旧暦のところもあれば、今の暦でお祝いをする地域もあります。また年齢についても数え年で祝うところもあれば、満年齢で祝うところがあるなど、地域によって差があります。

スタジオマリオの七五三撮影メニューについて詳しくはこちら

七五三撮影キャンペーン