可愛さ倍増!【性別・年齢別】七五三のおすすめ髪型

可愛さ倍増!【性別・年齢別】七五三のおすすめ髪型

七五三というと「衣装」選びが重要と思われがちですが、「髪型」をどのようにアレンジするかによってもお子様の雰囲気がかなり変わってきます。

七五三撮影では、華やかな着物やドレスなどを着て写真をたくさん撮りますから、当然「髪型」にもこだわりたいもの。

年齢によっても「髪型」のバリエーションは異なりますし、例えばウィッグを使うといった方法もあります。

今回はお子さまの可愛さを倍増させる「性別・年齢別 七五三おすすめ髪型」についてご紹介していきます。

スタジオマリオの
七五三撮影メニュー

七五三キャンペーン

スタジオマリオのお得なキャンペーン一覧をチェック

【性別・年齢別】七五三おすすめ髪型

【3歳・女の子】定番の髪型は?

【3歳・女の子】定番の髪型は?

髪置きの儀の意味がある3歳の時は、女の子は髪をわけて2つに結ぶ「2つ結び」にするのが定番とされています。

「2つ結び」は、3歳のまだあどけない可愛らしさをより引きたたせてくれる髪型として人気があります。

しかし中には数え年でお祝いをするお子さまもいらっしゃるため、この時期はまだ髪の量が少ないことで悩む方が多くいらっしゃいます。

その場合は、無理してアップにせず「髪飾り」を付けるだけでも問題ありません。

同じ髪型でも、「髪飾り」を付けるだけで簡単にパっと華やかな雰囲気に大変身できます。

ですからせっかくの晴れの日で使用する「髪飾り」は、小さめよりも大きめのものがおすすめです。

また希望の髪型があっても髪の量が足りない、髪が細くて髪飾りが落ちてきてしまう…という場合には「ウィッグ」を使って足すのもおすすめです。

3歳のお子さまの場合、薄毛だったり、髪の長さが足りないなどでイメージした髪型にならなかったり、髪飾りによっては付けるのが難しかったりするケースが多いため、美容院や写真館でもウィッグを使うことが多いようです。

髪をまとめた後にウィッグでお団子のボリュームをつくれば、ヘアアレンジの幅が広がります。

うまく「ウィッグ」の装着ができるか心配な方は、簡単に取り付けられるシュシュタイプのウィッグを選ぶといった方法もあります。

【7歳・女の子】髪の量が増えた7歳は「桃割れ」に挑戦!

見逃せない「七五三  後撮り」の魅力!

七五三に定番の髪型と言えば、「日本髪」です。

「日本髪」は、江戸時代に武士や商人階級、また女性の着物や帯が豪華になるにつれ、頭髪もそれに似合うような派手な結い方になったのが由来といわれています。

「日本髪」というと、現代の日常生活では馴染みが薄く、舞妓さん、時代劇の町娘、白無垢の花嫁さんの髪型を想像される方が多くいらっしゃいますが、とても奥ゆかしく日本の伝統を感じられるトラディショナルな髪型であるため、七五三では定番の髪型となっています。

特にお子さまの着物が古典的な柄のときには、「日本髪」が似合います。

「日本髪」を結うには髪の量、長さが必要となってくるため、髪に程よくコシが出て、十分な量が生えそろう年頃である「7歳・七五三」がおすすめです。

しかし「日本髪」と言っても、結い方によっては実は100種類以上あると言われています。

その中でも「7歳・七五三」で特におすすめしたいのが「桃割れ」です。

「桃割れ」とは江戸時代から大正時代に流行した日本髪の一つで、後頭部にまとめた髻(もとどり)を二分し、左右に輪を結って毛先をまとめる髪型です。

髷(まげ)の形が桃の実を二つ割りにしたものに似ていることからこの名称がつきました。

「桃割れ」の作り方は、前髪を頭頂部で膨らませ、後頭部は2つに分けて輪っかにします。

長さとしては、後ろの髪は肩甲骨を超えるくらいの長さ、前髪は鼻くらいまでの長さが必要です。

もっとも、そこまで前髪を伸ばすのは難しいので、前髪を切り揃えて後ろだけまとめるというやり方でも、充分に雰囲気を楽しむことができます。

「日本髪」にすると上品で落ち着きがありながらも華やかな印象に!

せっかくの機会ですので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【3歳、5歳・男の子】の髪型はどうすればいい!?

見逃せない「七五三  後撮り」の魅力!

女の子の髪型は美容院でおまかせすることができますが、男の子の場合はどうするか悩みますよね。

いつもと同じ髪型ではちょっと味気ないですし、せっかくの晴れの日ですから、かっこよくスタイリングしてあげてみてはいかがでしょうか。

ハードワックスを使って、髪全体にワックスをなじませ、髪にボリュームを出します。

毛流れをつくったら、指の先にワックスをつけて毛束を作り、髪のバランスを整えます。

上の髪にはボリュームをもたせ、襟足や耳周りはおさえてセットすれば、キレイなシルエットをつくることができます。

やんちゃざかりの男の子はすぐにセットが崩れてしまうことがあるので、ハードスプレーで固めてしまうのがおすすめです。

スタジオマリオの
七五三撮影メニュー

衣装に合わせた「その他」のおすすめ髪型

可愛さ倍増!【性別・年齢別】七五三のおすすめ髪型

髪型は、長さや量だけでなく、着物や服の柄と合わせることも大切です。

古典的な柄のときには、「日本髪」が似合うことは先述しましたが、洋風のモダンな柄の着物のときには、「お団子」や「三つ編み」がおすすめです。

髪が長ければ髪を巻いてハーフアップにしたダウンスタイルにしても、洋風の着物に似合います。

前髪を編み込みにしたり、ウェーブをかけたりすれば大正ロマンっぽい雰囲気に仕上げることができます。

髪が短かったり、量が少なくてまとめたりすることができない場合には、「ぱっちん留めタイプの髪飾り」を使うのがおすすめです。

ぱっちん留めも無理なときには、「カチューシャ」をつければ大丈夫です。

ぱっちん留めもカチューシャも平たく、頭に沿うタイプのものを選びましょう。

また前髪は印象を大きく変えるので、後髪と合わせて前髪をアレンジするのもおすすめです。

前髪を切りそろえれば古典的な柄の着物に合いますし、子どもらしい愛らしさをより引き出してくれます。

またちょっと伸ばしてサイドに流せば現代的な柄の着物にもよく合います。

お子さまの髪型を引き立たせる「髪飾り」を選ぶポイント

七五三の髪飾り

髪型が決まったら、お子さまの髪型をより引き立たせてくれるような「髪飾り」を選んであげましょう。

その際は、着物・小物やヘアスタイル等とのバランスを考えた上で選ぶのがポイントになります。

着物の柄に入っている色と、「髪飾り」の色を同じにするとまず間違いありませんが、反対色のものであってもメリハリがついて印象に残ります。

「髪飾り」には、一本の棒に玉が付いたシンプルな玉かんざしや、花や蝶等をモチーフにした華やかな飾りかんざし等があります。

これらは、髪型の大きなアクセントにもなるため大人気アイテムです。

「下がり藤」の髪飾りも、お子さまの小さなお顔の横でひらひら髪飾りが揺れている姿がとても風情があるため、七五三の定番アイテムとなっています。

洋髪にする場合には、髪型を選ばずに使うことができるクリップタイプやコームタイプの髪飾りがありますので、是非参考にしてみてください。

同じ着物でも髪型で大きく印象は変わります。

七五三の当日は親子で髪型のアレンジを楽しみながら、可愛いお子さまの「晴れの姿」を是非写真に残してあげましょう。

スタジオマリオの
七五三撮影メニュー

七五三キャンペーン

スタジオマリオのお得なキャンペーン一覧をチェック