七五三 お宮参り お誕生日に。記念日スタジオ

スタッフ紹介

スタジオマリオは、しあわせな写真としあわせな記憶を残すために、スタッフひとりひとりのチカラを何よりも重視して磨き続ける「こども写真のプロ」でありたいと考えています。

スタジオマリオは、「人のチカラ」をとても大切にしています。
お子さまにとって心から楽しい時間をつくり、その子らしい活きた表情をつかまえるのは、「カメラ」ではなく「人」だと考えているからです。

そのため、スタッフ全員がお子さまと会った瞬間から、一緒に話して、遊んで、心を開き合い、最高の笑顔を引き出すことに尽力しています。

こちらでは、スタジオマリオで働く3名のスタッフの生の声をご紹介いたします。

千葉・イオンマリンピア店 山口愛美

一緒に「遊びの世界」に夢中になる、
その瞬間の弾ける笑顔を捉えたい!!

知らない人に突然カメラを向けられたら私たち大人でも緊張します。ましてや小さなお子さまならばなおのこと。だからこそ、まずはお子さまが安心できる環境をつくることが何より大切です。実はそのための準備は、もうご予約のときから始まっています。お子さまの年齢やご家族構成、ご来店履歴などから撮影内容を想定し、お客さまにあわせた余裕のある撮影プランを立てること。そして、お客さま情報をクルー全員で共有した上で、私たち自身も気持ちにゆとりをもってお迎えできるように心がけています。

当日は、どんなお子さまもはじめは少し緊張しています。実はそんなときの「おすまし顔」も、シャッターチャンスのひとつ。スタジオに入ればお子さまのちょっとした表情の変化も見逃さないように、細心の注意を払います。毎日お子さまに接していると、一人ひとりに強い個性があることを感じずにはいられません。お話が大好きな子もいれば、恥ずかしそうにニコッと笑ってくれる子も。さあ、ここからがプロとしての腕の見せどころです。

「いま何才?」「どんな遊びが好き?」お話をしているうちに少しずつ心を開いてもらえたら、今度はゲームやクイズをしながら一緒に「遊びの世界」に入っていきます。そして、遊びの楽しさに夢中になっていくうちに、ついにその瞬間がやってきます。そのお子さまらしい、心から弾ける笑顔が生まれたら、あとはもう夢中になってシャッターを押すだけ。私がこの仕事でいちばん好きな、うれしい瞬間です。

横浜・港北東急店 芝原由美

スタッフ全員の力を結集して、
お客さまのために出来ることをもっとたくさん!

「スタッフ全員が一人ひとりのお子さまの担当者」。この言葉は私が店長としていちばん意識してきたことです。まずは全員でお出迎えとお見送りを徹底。作業中も「◯◯ちゃんのプレートができました!」「◯◯くん、撮影入りまーす!」と大きな声に出すことで、他のスタッフももう一度お客さまのお名前を確認することができます。すると自分が直接担当していないお子さまにも「◯◯ちゃん、かわいいね」と、自然にお名前で呼びかけることができるようになります。

今ではそれぞれのスタッフが自然に撮影待ちのお客さまに「あと5分くらいで撮影に入りますよ」とか、「今のうちに着付けのお直ししましょうか」などと、積極的に話しかけられるようになりました。近頃はスタジオ全体で「笑顔の相乗効果」が生まれてきたように感じています。そんな中で先日、あるお客さまから「自分の子が皆さんから本当に愛されているんだと思えました。」というメッセージをいただいたのです。これまで取り組んできたことが報われた気がして、涙があふれるほどうれしく思いました。

私はこの仕事が大好きです。気がつけば入社して6年、アルバイトを含めるともう10年も続けてきたことになります。そんな私も、もうすぐ母親になります。これまでたくさんのお子さまと向き合ってきましたが、自分にこどもが生まれたら、きっともっとたくさんのことが見えるはず。そのことが今から楽しみで仕方ありません。こどもを育てながらもこの仕事をずっと続けていきたい、それが今の私の目標です。

スタジオマリオ営業部 西浦智子

スタッフの一人ひとりの力を育て、
今よりさらに輝くマリオを作りたい!

「まるでウチの子の専属カメラマンみたい!」。最近お客さまからそんなお声をいただくことが増えてきました。着実に理想の姿に近づいている、そんな手応えを感じています。スタジオマリオに携わってから、まもなく10年。現在は、ブロック長として担当エリアの店舗運営をサポートしながら、お客さまに喜ばれる新しい企画づくりやスタッフ研修などを担当しています。

企画の仕事は、お客さまの「あったらいいな」を見つけることから始まります。例えば以前、撮影後に写真を選ばれる際に長時間お悩みになるお客さまが多くいらっしゃいました。そこでご覧いただく写真の中から、「プロが選んだおすすめショット」をお伝えするようにしたのです。さらに、選んだ写真をモニター上でアルバムなどの商品の完成形に近い姿でご確認いただくようにしたところ、「写真選びが楽しくなった」と大変ご好評をいただきました。

また、スタジオマリオではスタッフ研修に特に力を入れてきました。芸能プロダクションである「ホリプロ」さまでの定期研修もそのひとつ。子役指導の先生方から、ボイストレーニングやリトミック、ヘアメイク、カラーコーディネートなど、お子さまの輝く表情を引き出すためにたくさんの技術を学んでいます。「保育士の優しさ」「スタイリストのセンス」「カメラマンとしての技術」。この3つの素養を身につけたスタッフが、それぞれの店舗でお客さまと真剣に向き合っている、そんなお店づくりに向けて、これからも頑張っていきます。

※所属は編集当時のものです。