親子で満足度アップ1/2成人式

「1/2成人式」では親子で手紙・メッセージを披露

親子

「1/2成人式」は全国の小学校に広まっている行事です。
成人への折り返し地点である10歳をお祝いし、子どもとその保護者がお互いへの感謝のメッセージや、子どもの将来の夢を披露することが多いようです。

メッセージを聞いて「思わず感動した」という声も多く聞きます。しかし、いざメッセージを書くとなると、何から書いてよいかわからず筆が重くなることも…。「1/2成人式」は親子のコミュニケーションを深めるよい機会にもなるイベントですから、式の満足度をよりあげるためのメッセージ作成のコツをご紹介します。

メッセージ作成のコツ(子ども編)

手紙

メッセージ作成のコツは「よいことを書こう」と気負わないこと。次に、素直な気持ちを書くことです。
まず、テーマに沿って書きたいエピソードをノートやメモ用紙に箇条書きに書いていきましょう。
将来の夢がテーマならば将来なりたいもの(興味のあるもの)、なりたいと思ったきっかけなど書いていくとよいでしょう。

家族への感謝の手紙の場合には、これまでを振り返ってみて、印象的なエピソードやうれしかったことなどを書いていきます。まずは10個を目安に書き出してみましょう。もし、お子さまが文を書くのが苦手な場合は、親がインタビューをする形式で聞きとりながら書いてあげるとよいでしょう。
最後に書き出したことを整理しながら、原稿用紙や学校指定の用紙に書き起こせば完成です。

手紙作成のコツ(おとな編)

まず、母子手帳やアルバムを見ながら、印象的なエピソードやイベントを箇条書きで10個程度書き出します。
10個以上浮かんでしまっても大丈夫。とりあえず書き出してみて、出揃った後にどのエピソードについて書くか、じっくり選びましょう。
親からのメッセージで多いエピソードは、出産前の日々についてや、産まれたときの気持ち、名前の由来、子どもの成長を実感した出来事、子どもの将来への思いなどが多いそうです。
エピソードを絞りこんだら、文章として書き起こします。

プロの手による写真で「1/2成人式」の思い出を鮮明に残しましょう

スタジオマリオ 十歳の祝い

メッセージを「1/2成人式」で披露した後は、その思い出を10年後の20歳になっても親子で振り返ることができるように、プロが撮影した写真とともに形に残してはいかがでしょうか。
スタジオへ事前にご相談いただければ、思い出の品や作成したお手紙も撮影小道具としてご利用可能です。

スタジオマリオの十歳(ととせ)の祝い撮影 詳しくはこちら