【お宮参りのベビードレス】男の子もOK?選び方やブランドも疑問を解決

【お宮参りのベビードレス】男の子もOK?選び方やブランドも疑問を解決

お宮参りを洋装でする場合、まず考えるのがベビードレスの用意かもしれません。といっても、ベビードレスはさまざまなデザインがあり、どのようなものを選べばよいのか分からない方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、お宮参りにふさわしいベビードレスの選び方や、おすすめのブランドなどを紹介します。ベビードレスの他に用意しておきたいアイテムも分かる内容です。お宮参りの準備をスムーズに進める参考にしてください。

スタジオマリオの
お宮参り撮影メニュー
スタジオマリオの
お宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

ベビードレスとはどんな服?お宮参りに着せてもよいの?

ベビードレスとはどんな服?お宮参りに着せてもよいの?

ベビードレスのことを「セレモニードレス」と呼ぶこともあります。お宮参りの正装ではありませんが、ベビードレスを着用してもマナー違反にはなりません。むしろ、現在では人気のスタイルのひとつです。ここからは、ベビードレスの基礎知識やお宮参りでの着せ方を紹介します。

【ミニ知識】ベビードレスとは

ベビードレスは、キリスト教の洗礼式などで赤ちゃんに着せるドレスのことです。白色のベビードレスには、「何ものにも染まらないように」という意味が込められています。

日本におけるベビードレスは、赤ちゃんにとっての記念日に着用する服装のひとつです。赤ちゃんの退院日など、お宮参り以外の記念日に着せる方もいます。特別な日を特別な装いで祝う服装として、ベビードレスは赤ちゃんにとっても家族にとっても大切なアイテムです。

【お宮参りでは】ベビードレスのみ・着物(産着・初着)の下に着てもよい

お宮参りは、赤ちゃんにとって初めてのフォーマルな場になります。赤ちゃんの伝統的な正装は、白羽二重(しろはぶたえ)という白い着物の上から、掛け着・産着・初着と呼ばれる着物を羽織らせるスタイルです。

しかし最近は、「ベビードレス+着物」の着用スタイルも多く見られます。現在のお宮参りでは、赤ちゃんにベビードレスだけを着せてお参りしても、マナー違反ではありません。お参りにはベビードレスだけを着て行き、記念写真の撮影時に着物を重ねる方も増えています。

男の子・女の子どちらもOK

ベビードレスは、男の子でも女の子でも着せられるデザインです。お宮参りなどの特別な記念日に着せる性質上、性別を問わず華やかなベビードレスを選ぶ方が多い傾向にあります。レースやフリルが華やかなデザインの他、シンプルでおしゃれなベビードレスもおすすめです。種類が豊富なので、好みに合ったベビードレスが見つかるでしょう。

スタジオマリオのお宮参り撮影メニュー

スタジオマリオのお宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

お宮参りでベビードレスを選ぶ3つのメリット

お宮参りでベビードレスを選ぶ3つのメリット

お宮参りの場にふさわしい装いであれば、赤ちゃんの服装は和装でも洋装でも問題ありません。好みを優先させてよいでしょう。ただ、たくさんのデザインから選びたい方や、価格面を重視したい方は、ベビードレスのほうが合っているかもしれません。お手入れも比較的楽です。ここからは、お宮参りでベビードレスを選ぶメリットを紹介します。

【1】お手入れが楽

ベビードレスを選ぶメリットとして、比較的お手入れが楽であることが挙げられます。着物(産着・初着)は、基本的に自宅で洗濯できないからです。思い出の品として保管する場合も、収納場所や保管方法に気を付ける必要があります。

その点、ベビードレスは着物ほどの気遣いを必要としない場合がほとんどです。自宅で手洗いできるものも多く、商品によっては洗濯機でも洗えます。ただし、素材によってお手入れの方法が異なるため、洗濯表示をよく確認した上で判断しましょう。

【2】デザインが豊富

ベビードレスの魅力のひとつは、豊富なデザインです。シンプルなデザインのものはお参りにマッチしやすく、内着の代わりにもなります。レースやフリルが華やかなデザインは、他のお祝い事に参加するときの装いとしてもぴったりです。

デザインのバラエティが豊富なため、写真映えを意識した選び方が楽しめるのもメリットといえます。写真写りを良くしたい場合は、デザインに加えて丈の長さにも注目しましょう。ドレス丈が長いほど豪華に写ります。

【3】比較的購入しやすい価格

着物に比べると、ベビードレスは手が届きやすい価格帯のものが多いといえるでしょう。有名ブランドの場合は数万円するものもありますが、5,000円~1万円前後で購入できるドレスも多く販売されています。

このように、デザインだけでなく価格帯も幅広いため、予算に合わせて用意できるのもベビードレスの魅力です。

スタジオマリオのお宮参り撮影メニュー

スタジオマリオのお宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

お宮参りのベビードレスの選び方は?

お宮参りのベビードレスの選び方は?

お宮参りの直前になって慌てないよう、ベビードレスは余裕を持って用意しておきましょう。選び方の代表的な基準は、デザイン・サイズ・季節・色の4つです。赤ちゃんは体温調節がうまくできないため、お宮参りの時期も考慮しなければいけません。この項目では、ベビードレスの選び方を分かりやすく解説します。

デザインで選ぶ

ベビードレスは、ドレスタイプとツーウェイオールタイプの2種類に大別できます。ドレスタイプは刺しゅうやレースがあしらわれ、着るだけで華やかになるのが特徴です。写真映えも良くなるでしょう。

ツーウェイオールタイプは、シンプルなデザインが多い傾向にあります。お参りにも着て行きやすく、おむつ替えでも手間取りません。イベント時に限らず、多くのシーンで着用できます。

最近は、「ツーウェイオール+オーバードレスorオーバーコート」で着用するタイプが人気の傾向です。オーバードレスは、ツーウェイオールの上から簡単に着せられます。扱いやすいツーウェイオールタイプの良さを残しつつ、ドレスタイプの華やかさを加えたい方には最適でしょう。

サイズで選ぶ

一般的に、ベビードレスのサイズ展開は50cm~70cm程度です。ただし、メーカーやデザインによって多少サイズが前後します。生後1か月のタイミングが真夏・真冬で、お宮参りの時期を遅らせる予定がある場合などは、大きめのサイズを選ぶと無難です。生後100日前後で迎える、「お食い初め」に合わせてお宮参りするときでも着せられるでしょう。

ベビードレスの出番が「主にお宮参りとその記念撮影」という場合、50cm~60cmのサイズをおすすめします。あまりオーバーサイズでないほうが赤ちゃんにとっても快適ですし、写真写りを考えたときも好ましいでしょう。

色で選ぶ

最近では、ベビードレスのカラーバリエーションが増えてきました。ベビードレスは基本的に白色ですが、「お宮参りでは絶対に白」という決まりはありません。特別なこだわりがなければ、好みやコーディネートに合わせた色を選んでよいでしょう。

ただし、カラフルなベビードレスが増えたとはいえ、白色ほど多くは取り扱われていません。珍しい色を好む場合、取り寄せや注文といった、手元に届くまでに時間がかかるケースも考えられます。余裕を持って準備できると安心です。

季節で選ぶ

赤ちゃんは体温調節の機能が十分に発達していません。お宮参りの当日に赤ちゃんが快適に過ごせるように、ベビードレスの素材は季節に合ったものを選びましょう。

春~夏の汗ばむ季節には、通気性や吸湿性に優れた素材が適しています。秋~冬の寒い季節は、赤ちゃんを冷やさないよう、保温性に優れた素材がおすすめです。暑い季節と寒い季節、それぞれに適したおすすめの素材を下記にまとめました。

【季節ごとにおすすめの素材】
春・夏 コットン(綿)、天竺、ガーゼ、フライスなど
秋・冬 ニットキルト、ウール(羊毛)、スムース、ベロア、アクリルなど
スタジオマリオの
お宮参り撮影メニュー
スタジオマリオの
お宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

お宮参りでベビードレス以外に用意するものはある?

お宮参りでベビードレス以外に用意するものはある?

赤ちゃんにベビードレスを着せるにあたって、用意したほうがよいものがあります。肌着の他、季節によっては体温調節のためのアイテムが必要です。赤ちゃんが快適かつ安全にお宮参りができるように、さまざまな準備をしておきましょう。

ドレスの下に着る肌着

体温調節がうまくできない赤ちゃんにとって、肌着は重要です。ここでは、季節ごとに気を付けたほうがよいポイントをまとめました。なお、肌着の素材は綿やガーゼなど通気性・吸湿性に優れた素材がおすすめです。

【春・秋】
比較的過ごしやすいため、半袖の肌着または長肌の肌着の上にツーウェイオールを着せ、最後にベビードレスを重ねます。

【夏】
暑くならないように半袖の肌着を着せ、肌着の上にベビードレスを重ねます。汗をたくさんかいたときに備えて着替えの肌着も用意しましょう。

【冬】
半袖の肌着にツーウェイオールを重ね、気温に応じてその上からベストを着せます。ベビードレスは、ツーウェイオールあるいはベストの上から重ねましょう。

羽織るもの

お宮参りでは、ベビードレスの上から着物(産着・初着)を掛けてお参りする方も多くみられます。赤ちゃんを抱っこしている方の肩から着物を羽織らせるようにするスタイルです。

最近は、着物の代わりにケープを使う方も増えてきました。レースや刺しゅうがふんだんに施された、華やかなデザインが人気です。

着物とケープのどちらも、寒さを感じる季節には赤ちゃんの体温を調節するのに役立つアイテムです。記念写真に彩りを加えるという効果もあります。反対に暑い日の場合は、お参りやご祈祷中、記念撮影といったときだけ羽織らせるなど、様子を見ながら調整しましょう。

帽子やスタイ

帽子やスタイ(よだれかけ)も、お宮参りで役立つアイテムです。帽子は気温の変化や直射日光の刺激などから赤ちゃんを守れます。スタイは、ベビードレスをよだれで汚さないためにも必要です。

例えばフリルが多くあしらわれた華やかなものは、ベビードレスとの相性も良いでしょう。綿の素材のものは吸湿性が良く、お手入れも楽なので、お宮参りのとき以外にも着用できます。

スタジオマリオのお宮参り撮影メニュー

スタジオマリオのお宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

お宮参りのベビードレスおすすめブランドは?

お宮参りのベビードレスおすすめブランドは?

お宮参りに着せるベビードレスは、多くのブランドがさまざまな種類を販売しています。ブランドによって持ち味が異なるため、特徴を知っておくとドレス選びの参考になるでしょう。そこでこの項目では、ベビードレスに求める要素を「ブランド力」「価格」「素材・製造のこだわり」の3点に分け、各要素でおすすめブランドを選出しました。

【ブランド力が高い】
familiar・MIKI HOUSE・combimini

ブランド力が高い代表的なブランドとして、familiar(ファミリア)やMIKI HOUSE(ミキハウス)、combimini(コンビミニ)が挙げられます。

・familiar(ファミリア)
familiarは1950年創業の老舗こども服ブランドです。繊細なレースと刺しゅうを中心とした、上品なデザインのベビードレスが人気を集めています。著名人や芸能人のファンが多いのも有名で、デザイン・品質はともにトップクラスです。

・MIKI HOUSE(ミキハウス)
MIKI HOUSEは日本製にこだわり、こどもを第一に考えた素材・縫製を採用しています。ベビードレスのラインアップが多く、バリエーションが豊富であることも魅力です。お気に入りの1着を見つけやすいでしょう。

・combimini(コンビミニ)
combiminiは「赤ちゃんの快適さ」にこだわるブランドです。ベビードレスの取り扱い数を厳選し、シンプルでかわいらしいデザインに力を入れています。1歳半頃まで着せられるベビードレスもあり、長く着せたい方にもおすすめです。

【安心価格が魅力】
西松屋・エリカランド

お手頃な価格を重視するなら、西松屋とエリカランドを選ぶと高い満足度を得られるでしょう。

・西松屋
西松屋は、リーズナブルかつ品質の高い商品を取りそろえるブランドです。ベビードレスも多数展開し、その多くが5,000円以下で購入できます。

・エリカランド
エリカランドも、リーズナブルながら赤ちゃんを華やかに演出できるベビードレスを数多く取りそろえています。バラエティの豊富さに加え、単品購入よりもお得になるセット販売も魅力のひとつです。

【品質へのこだわり】
Amorosa mamma・CELEC

使用する素材や縫製などの品質にこだわりたい方には、Amorosa mamma(アモローサマンマ)とCELEC(セレク)をおすすめします。

・Amorosa mamma(アモローサマンマ)
Amorosa mammaは、オーガニックコットン100%のアイテムを取り扱うブランドです。優しい色味が人気を集めています。素材へのこだわりと品質の高さに加え、比較的手に取りやすい価格であることも、おすすめしたい理由のひとつです。

・CELEC(セレク)
CELECでは、使用する生地の織り・編み・染色・縫製といった全工程を日本で行っています。赤ちゃんの快適性を最優先したデザインも魅力です。ドレス丈が長い、エレガントなベビードレスも取りそろえています。

赤ちゃんがベビードレスなら両親は何を着る?

お宮参りでのお父さんやお母さんの服装は、赤ちゃんに合わせて選ぶのが一般的です。赤ちゃんがベビードレスなら、お父さんやお母さんも洋装でまとめます。例えばお父さんはダークな色味のスーツを、お母さんはワンピースやセレモニースーツを着用しましょう。

ただし、洋装なら何でもよいわけではありません。お宮参りは伝統行事であり、主役は赤ちゃんです。神様の前で失礼にならないよう、また、赤ちゃんよりも目立つことがないように、派手な色合いや露出が多いデザインは避けましょう。

スタジオマリオのお宮参り撮影メニュー

スタジオマリオのお宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

一生に一度のお宮参りの記録は写真で残すのがおすすめ!

一生に一度のお宮参りの記録は写真で残すのがおすすめ!

お宮参りは赤ちゃんだけでなく、ご家族にとっても一生に一度の思い出です。ベビードレスでお宮参りを彩るなら、その愛らしい姿を写真に残してはいかがでしょうか。おすすめは、スタジオマリオでの写真撮影です。赤ちゃんの衣装は豊富な中からお選びいただける上、すてきな笑顔を引き出す「こども撮影のプロ」がそろっています。

ベビードレスも着物も豊富な衣装が自慢

スタジオマリオでは、お宮参りの記念撮影にふさわしい衣装を豊富に取りそろえています。ベビードレスに加え、着物(産着・初着)のバリエーションも多彩です。

写真撮影に付属しているサービスなので、衣装代はかかりません。赤ちゃんの着物を用意することを迷っていた方にもおすすめです。赤ちゃんのかわいさを引き立てるすてきな衣装をお選びいただけます。

お宮参りの着物が無料レンタルできる

お宮参り当日に記念撮影を予定している方、お宮参りの前撮りをされた方を対象に、神社にお参りするとき用の着物(産着・初着)の無料レンタルサービスを実施しています。

ベビードレスだけを購入し、お参りをするときの着物をスタジオマリオで借りる、というパターンもおすすめです。当日の天候や気温を考慮する必要はありますが、ベビードレスの上から着物を掛けるスタイルは、現在のお宮参りでは多く見られます。

スタッフは赤ちゃん写真のプロ!

スタジオマリオのスタッフは、赤ちゃん写真のプロです。赤ちゃんから笑顔を引き出す技術に加え、プロだからこそできる撮影テクニックを駆使し、最高の一瞬を逃しません。

快適さに配慮した撮影環境も特徴のひとつです。首が据わっていない赤ちゃんのための専用椅子に加え、授乳室やベビーベッドも完備しています。赤ちゃんだけでなく、ご家族の全員が楽しみながら撮影できるのがスタジオマリオの強みです。

スタジオマリオのお宮参り撮影メニュー

スタジオマリオのお宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

まとめ

まとめ

ベビードレスは、種類が豊富でお手入れが比較的簡単な上、手にしやすい価格帯が多いなどの特徴があります。お宮参りの服装として選んでも問題ありません。赤ちゃんにとって快適かどうかを最優先し、季節や時期に合わせてサイズや素材を選びましょう。

かわいいベビードレスに身を包んだ赤ちゃんを写真に残すなら、ぜひスタジオマリオにお任せください。写真撮影のプロがすてきな思い出作りをサポートします。赤ちゃんが泣いてしまい、思うような写真が撮れなかった場合は、後日の撮り直しも無料で可能です。当日の予定変更も柔軟に承っていますので、お気軽にご相談ください。

スタジオマリオの
お宮参り撮影メニュー
スタジオマリオの
お宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

お宮参りの写真をフォトブックにするならカメラのキタムラ!

お宮参りの写真をプリントするならカメラのキタムラ!