お宮参り後の食事はどうする?赤ちゃんとお母さんに配慮した食事会のポイント

お宮参り後の食事はどうする?赤ちゃんとお母さんに配慮した食事会のポイント

お宮参りは赤ちゃんとお母さん、そしてお父さんにとって一大イベントです。お宮参り後は両家を招いた食事会が開かれることがあります。食事会を開いたほうがよいか、開く場合はどのようにすればよいか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

食事会を開く場合、自宅と外食それぞれのメリットやデメリットを把握した上で予定を組むことがポイントです。そこでこの記事では、お宮参り後の食事会について解説します。赤ちゃんとお母さんに配慮した食事会にするために理解を深めましょう。

スタジオマリオの
お宮参り撮影メニュー
スタジオマリオの
お宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

お宮参りの基礎知識!食事や会食も必要?

お宮参りの基礎知識!食事や会食も必要?

赤ちゃんが生まれてから1か月前後に行う行事にお宮参りがあります。中には、お宮参りとはどのようなものか知らないという方もいるかもしれません。また、お宮参り後の食事会について誰に聞けばよいか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。ここでは、お宮参りの基礎知識を紹介します。

お宮参りについて

お宮参りとは、赤ちゃんの誕生を神社に参拝して報告し、すくすくと成長することを祈願する行事です。お父さん側の祖父母と一緒に行う風習があるものの、最近はお母さん側の祖父母も一緒に参加するケースも増えてきました。

男の子は生後31~32日目、女の子は生後32~33日目に行うのが一般的ですが、地域によっても異なります。赤ちゃんやお母さんの体調と相談しながら、ベストな日にお宮参りをするとよいでしょう。

祖父母が離れた地域で暮らしている場合などは、生後100日を祝う行事である「お食い初め」と同じ日に行う場合もあります。

お宮参りの後は食事や会食が必要?

お宮参りの後の食事や会食は、ご家庭によってさまざまな事情があることから、開かなくても問題はありません。

ですが、お宮参りの記念として食事会をすることにはメリットも多くあります。食事や会食を開くことで両家の関係を深めたり、祝い善を囲むことで縁起を担げたりといったことがその一例です。また、赤ちゃんと親族が触れ合う良い機会にもなるといえるでしょう。

スタジオマリオのお宮参り撮影メニュー

スタジオマリオのお宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

お宮参り後の食事で気になる疑問を解決!

お宮参り後の食事で気になる疑問を解決!

お宮参り後に食事会を開くことが決まれば、気になるのが食事のメニューや食事する場所ではないでしょうか。他にも、食事代の支払いや誰を呼べばよいのかなど、初めてであればさまざまな疑問が出てくることでしょう。ここでは、お宮参りの食事会に関する基本的な疑問を中心にお答えします。

何を食べる?

お宮参り後の食事会では「祝い膳」を食べるのが一般的です。祝い膳の料理には、お赤飯やタイなどが用いられます。おめでたい日に食べることを前提としたメニューが特徴です。

しかし、さまざまな事情で祝い膳が食べられない場合もあるでしょう。食事会に参加する方の好き嫌いやアレルギーなどを事前に把握しておくことで、トラブルを防げます。なお、祝い膳以外のメニューを食べても問題ありません。このことも基礎知識として押さえておきましょう。

支払いは誰がする?

食事にかかる費用は、基本的には誰が支払っても問題ありません。地域によっては、食事にかかる費用はお父さん側で赤ちゃんの祝い着はお母さん側というように、お父さんとお母さんそれぞれで費用を分担することもあります。

スムーズにお宮参りを済ませるためには、食事にかかる費用について前もって両家に相談したり、お母さんとお父さんで話し合ったりして決めておくと安心です。

どこで食事する?

お宮参り後に食事する場所については、自宅派と外食派の2つに分かれます。それぞれのメリットやデメリットをしっかり把握した上で、赤ちゃんやお母さんにとって快適に過ごせる場所はどこなのか、という観点からも決めることが大切です。

誰を呼ぶ?

お宮参り後の食事は、両家の祖父母を招待するケースが多くみられるものの、基本的に決まりはないと認識しておきましょう。お父さんお母さんのきょうだいといった、祖父母以外の親戚を招くこともあります。産後日にちがたっていないお母さんと赤ちゃんの負担にならないよう配慮しながら、招待する人数を決めるとよいでしょう。

スタジオマリオのお宮参り撮影メニュー

スタジオマリオのお宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

【お宮参り後の食事】リラックスしたいなら自宅で

【お宮参り後の食事】リラックスしたいなら自宅で

お宮参り後の食事を周囲に気を遣うことなく楽しみたいお母さんやお父さんには、自宅での食事がおすすめです。自宅であれば、服装なども気にすることなく、くつろいだ雰囲気の中で食事会ができるでしょう。ただし、自宅の場合は準備や片付けをする必要があります。ここでは、自宅で食事するメリットとデメリットをまとめました。

自宅で食事するメリット

自宅で食事するメリットは、お母さんやお父さんがリラックスできることでしょう。自宅であればフォーマルな服から着替えての食事も可能なため、ゆったりした気分で過ごしやすくなります。

また、自宅には赤ちゃんのお世話に必要なグッズがそろっている点もポイントです。授乳やおむつ替えで忙しいお母さんやお父さんにとって、大きなメリットといえるでしょう。また、自宅であれば予約時間などを気にする必要もないため、焦ることなく過ごせます。

自宅で食事するデメリット

自宅で食事するデメリットは、食事の手配や片づけをする必要があることです。祖父母や親戚を自宅に招待するにあたって、掃除や席の準備をする手間も発生します。

お母さんやお父さんが一緒に取り組んだり、周囲の人にサポートを依頼したりといった対策を取り、負担にならないように工夫しましょう。

自宅での食事の費用目安

お宮参り後に自宅で食事をする場合、食事を準備する方法として、お母さんやお父さんが手作りする他、仕出し弁当の注文やケータリングなどのサービスを活用する方法があります。手作りする時間がないことも予想できるため、状況に応じて選択しましょう。

自宅で食事会をする場合にかかる費用は、仕出し弁当やケータリングを利用した場合、1人2,000円前後から4,000円前後が目安といえます。食事会に参加する人数や手作り品の有無、注文する内容によって費用は異なるものの、一般的に自宅は外食よりも費用を抑えられる傾向です。

スタジオマリオのお宮参り撮影メニュー

スタジオマリオのお宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

【お宮参り後の食事】特別感を味わうなら外食で

【お宮参り後の食事】特別感を味わうなら外食で

お宮参り後の食事で普段とは違う雰囲気や料理を楽しみたいお母さんやお父さんには、外食がおすすめです。料亭やレストランで食事することで、お宮参りの締めを豪華に飾る効果も期待できます。ここでは、外食するメリットやデメリットをチェックしましょう。

外食するメリット

外食するメリットは、事前の準備なく食事ができることです。お宮参りの後に予約したお店に移動するだけで、スムーズに食事を始められます。また、赤ちゃんの誕生によって環境が変わった両親にとって、気分転換の機会にもなるでしょう。

お宮参りは赤ちゃんにとって初めての大きなイベントになるため、その記念として外食したいと考える方もいます。

外食するデメリット

外食するデメリットとしては、個室でない席の場合、周囲に気を遣いやすいという点が挙げられます。また、お店によっては赤ちゃんの授乳やおむつ替え、着替えなどができるスペースがないこともあるでしょう。心配な場合は、個室の有無や赤ちゃんのための設備が整っているかなどを予約の判断基準のひとつに加えることで、解消しやすくなります。

また、両家の祖父母や親族を招待する場合は人数も増えるため、費用面も留意しておきましょう。

外食の費用目安

外食の場合、ランチかディナーか迷うこともあるかもしれません。お宮参り後に外食する際の1人あたりの費用は、ランチで3,000円~5,000円前後、ディナーの場合は大きく1万円前後と考えておくとよいでしょう。

お宮参りの時間帯や状況によっても適するケースは異なります。人数や予算、お店の環境なども考慮しながら、総合的に判断しましょう。

スタジオマリオの
お宮参り撮影メニュー
スタジオマリオの
お宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

お宮参り後の食事に関する3つの注意点

お宮参り後の食事に関する3つの注意点

お宮参り後の食事は、お母さんやお父さんそして両家の祖父母や親族にとって良い思い出になります。思い出深い食事会にするために、赤ちゃんやお母さんの体調を考えながらお祝いすることが大切です。ここでは、お宮参り後の食事で注意したい点を3つ紹介します。

赤ちゃんとお母さんの体調が最優先!

お宮参り後の食事は、赤ちゃんとお母さんの状態を見ながら決めるのがベストです。赤ちゃんとお母さんどちらかの体調が優れなかったり、疲れてしまったりしている場合は、別日に食事会を開くほうがよいでしょう。

赤ちゃんの機嫌が良い時間帯やタイミングを狙ってお参りをするなど、事情に合わせた柔軟な対応が求められることもあります。自宅で食事する場合も、長時間にならないようにするといった、赤ちゃんやお母さんの体調に配慮したスケジュールにしましょう。

外食時は予約し、お世話に必要なスペースがあるか確認する

お宮参り後に外食する場合、個室を予約すれば周囲を気にしなくて済みます。赤ちゃんのお世話のしやすさも考えて、例えば和室や禁煙の個室などを希望するのがおすすめです。できればお宮参りを予定している日の2週間から1か月前までに予約しましょう。予約時にお宮参りの食事会であることを伝えれば、配慮してくれるお店もあります。

また、授乳や着替えができるスペースが店内にあるかも予約時に確認しておくと安心です。確認し忘れて当日あたふたする事態を避けるためにも、赤ちゃんのお世話がしやすい環境が整っているか把握しておきましょう。

長時間の外出は控える

生後1か月前後の赤ちゃんは首がすわっていないため、長時間の外出は控えたほうが安心です。暑さや寒さに対しても、お母さんやお父さんが十分気を付けて調節してあげましょう。

また、産まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力も大人に比べると低いことから、長時間外の空気に触れるのは望ましくありません。多くの人と触れ合うのも避けたほうがよいでしょう。

スタジオマリオのお宮参り撮影メニュー

スタジオマリオのお宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

【お宮参りは大切な行事】スタジオでプロに撮ってもらおう!

【お宮参りは大切な行事】スタジオでプロに撮ってもらおう!

お宮参りの思い出を形に残すためには、写真スタジオで写真を撮る方法がおすすめです。写真スタジオによっては赤ちゃんなれしたプロカメラマンが複数人在籍する場合もあり、ベストショットを残せるでしょう。ここからは、こども写真のプロが撮影し、予約変更や撮り直しが無料のスタジオマリオの魅力を紹介します。

プロは赤ちゃんの表情を見逃さない

赤ちゃんは慣れない写真撮影に緊張したり、疲れてぐずったりと、ベストショットの瞬間をすぐには見せてくれません。お母さんやお父さんでも、赤ちゃんが最高の表情を見せる一瞬を捉えるのは難しいでしょう。赤ちゃん撮影になれているプロカメラマンなら、一瞬の表情も見逃さない技術を持っています。

スタジオマリオでは、赤ちゃんや小さなお子さまの撮影になれたプロカメラマンが撮影するため安心です。赤ちゃんのベストショットを逃すことなく、記念に残る一枚に仕上げます。

タイミングはお宮参り当日でも別日でも

お宮参りの記念撮影は、お宮参り当日に行う場合と別日に行う場合があります。当日に行う場合は、お宮参りの服装のまま撮影でき、別日に改めて支度せずに済むのが魅力です。また、お宮参りに参加した人全員でそろって撮影できる点もメリットといえるでしょう。

別日に行うメリットは、お宮参り当日のスケジュールに余裕ができることや、赤ちゃんやお母さんの体調の良いタイミングで撮影できることが挙げられます。

スタジオマリオは、予約変更や撮り直しなどに無料で何度でも対応可能です。ご家族の都合に合わせて安心してご利用いただけます。

スタジオマリオのお宮参り撮影メニュー

スタジオマリオのお宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

まとめ

まとめ

お宮参りは赤ちゃんにとって記念すべきイベントのひとつです。お祝いの意味を込めた食事会は両家の関係を深めることにもつながり、また赤ちゃんと親族が触れ合う機会にもなります。自宅と外食のどちらにするかは、メリットやデメリットを把握した上で、状況に合わせて判断しましょう。

スタジオマリオは、お宮参りの思い出としてお子さまやご家族のベストショットをお届けします。ベビーベッドや授乳スペースなどの設備も整っており、撮影中の赤ちゃんのお世話も心配ありません。お宮参りの記念撮影は、スタジオマリオにお任せください。

スタジオマリオの
お宮参り撮影メニュー
スタジオマリオの
お宮参りキャンペーン

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0120-753-438

お宮参りの写真をフォトブックにするならカメラのキタムラ!

お宮参りの写真をプリントするならカメラのキタムラ!