これが正解!お食い初めのやり方

百日祝い・お食い初めお役立ちコラム

平安時代、生後100~120日目の赤ちゃんに餅を食べさせる「百日(ももか)」という風習がありました。このとき食べさせていた餅が魚に代わり、今の「お食い初め」へと変化してきたと言われています。「お食い初め」の作法は地方ごとに多少の違いがありますが、ここでは、一般的に行われる「お食い初め」のやり方をご紹介します。

黒や赤の塗り物の食器に、一汁三菜料理を盛り付けて

「お食い初め」の祝い膳には脚付きのお膳を使い、「食い初め椀」と呼ばれる塗り物の食器を並べ、一汁三菜の料理を盛るのが基本です。このとき「食い初め椀」は、男の赤ちゃんには赤、女の赤ちゃんには黒の塗り物を使うという決まりがあり、さらに鶴亀などの吉祥柄を描いたもので、新品を用意するのが良いとされています。

また、最近はテーブルの上に会席膳または折敷(おしき ※)を置いて、陶磁器(とうじき)の食器を並べるやり方や、プラスチック樹脂製の赤ちゃん用食器を使い、カジュアルなテーブルセッティングで祝うご家庭も多くなりました。

赤ちゃんの健やかな成長を願う気持ちが一番大切なので、それぞれのご家庭のやり方で祝うのが良いでしょう。

※折敷(おしき) … 料理を並べるお盆。四角く縁が構えられている。

食事をさせるのは最年長者の役目!!

「養い(やしない)親」とは、赤ちゃんを膝に抱き、箸を使って赤ちゃんに食事をさせる役のことです。「養い親」になる人は、赤ちゃんが長寿にあやかれるように「赤ちゃんと同性の最年長者」にお願いするのが一般的です。

そのため、パパとママ、そして祖父母の家族で「お食い初め」をする場合は、女の赤ちゃんならお祖母さま、男の赤ちゃんならお祖父さまが「養い親」をすることになります。

実際に赤ちゃんに料理を食べさせちゃうの!?

赤ちゃんに食べさせるとは言っても、まだ離乳食期なので、実際に食べさせることはしません。養い親が箸を使い、赤ちゃんの口元まで料理を運んで、口に少し当てて食べる真似をさせるだけです。
一汁三菜の中で、食べさせる順序は以下の通りになります。

食べさせる順番

1.ご飯→2.汁物→3.ご飯→4.魚、煮物→5.ご飯(→1にもどる)

上記を3回繰り返すのが正式ですが、もし赤ちゃんが嫌がってしまった場合は、無理して繰り返す必要はありません。

丈夫な歯が生えてくるように願いを込めて……

歯固めは、「石のように強く、丈夫な歯が生えるように」という願いを込めて行う儀式です。まず、「歯固め石」と呼ばれる小石を3個用意して、脚付きの器である高坏(たかつき)へ入れ、お膳の中央へと置きます。そして、高坏に置いた石に箸を触れ、「丈夫な歯になりますように」と祈りながら、箸を赤ちゃんの歯茎にそっと当てましょう。地方によっては、歯固め石の代わりに、堅い鬼胡桃(おにくるみ)を使ったり、関西ではタコを使ったりすることもあります。

今回ご紹介したのは、「お食い初め」の伝統的な流れについてです。伝統にのっとり、格調高く行いたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。
また、このような流れを知った上で、アレンジを加えて「我が家流のお食い初め」をしてみても良いですね。
いずれにせよ、赤ちゃんが生まれてから100日の成長を祝い、この先の健康と幸福を願う席ですから、ご家族のみなさんが笑顔でいられる1日にできるよう心掛けましょう。

スタジオマリオの百日祝い・お食い初め撮影 詳しくはこちら