ママ友をベビーシャワーでお祝い!開催に最適な時期や場所は?

マタニティお役立ちコラム

ベビーシャワーは欧米の発祥といわれており妊婦さんを、出産前にお祝いするイベントです。赤ちゃんが生まれてからのママは毎日の育児で忙しくなるもの。そのため、産後はゆっくり出産をお祝いする時間がないとの声も。
赤ちゃんが生まれる前に親しい仲間とお祝いするベビーシャワーは、お祝いする側もされる側もゆっくり時間を取ってよろこびを共有できます。妊婦さんにとっては、マタニティブルーで沈みがちな時期のよい気分転換にもなるイベントです。

ベビーシャワー開催に最適な時期や場所って?

エコー写真

ベビーシャワーは主役である妊婦さん本人の体調が第一。開催時期は早すぎても遅すぎても妊娠中の体には負担になります。妊娠の安定期に入る6カ月から臨月前の9カ月ごろに行うのがよいそうです。
開催場所は、少人数で楽しむならば、移動の負担が少ない自宅で楽しむのが主流のようです。また大人数であったり、「自宅だと準備が大変……」など自宅開催に抵抗がある場合は、カフェやレストランで開催することも検討してもよいでしょう。妊婦さん本人の体調と希望を重視して、妊婦さんファーストで時期や場所を決めましょう。

>かわいくて実用的なプレゼントをリクエスト!

エコー写真

ベビーシャワーの特徴は「プレゼントを妊婦さん本人がリクエストできること」。なんと妊婦さんが、出産後に必要なベビーグッズをリストにして参加者にリクエストできるのです。
「自分からおねだりするなんて……」と思わずためらってしまうかもしれませんが、これは送る側も受け取る側にも合理的で安心な仕組みです。参加者同士のプレゼントがかぶってしまったり、不要なアイテムをいただいてしまうという悲しい事態を防げますから。
どんなプレゼントをお願いすれば良いか悩むのであれば、実用的なものをリストアップしましょう。ベビーシャワーでとくに人気のプレゼントアイテムは、赤ちゃん用の紙オムツを束ねてかわいくケーキ型にデコレーションしたおむつケーキ。赤ちゃんが生まれたらそのままオムツとして使える実用性と、華やかでかわいいビジュアルが人気の理由です。そのほか赤ちゃんの下着やスタイを丸めて作るカップケーキなどもパーティで映えて、産後も使えると人気です。思い切ってリクエストしてみては?

ベビーシャワーに最適な妊婦さんのコーディネートは?

ベビーシャワーの主役である妊婦さんは、ドレスアップして特別感のあるコーディネートを楽しむとよいでしょう。
妊婦さん専用のドレスもありますが、妊婦さんの体型をカバーしつつ、産後も使える、ゆったりとしたAラインタイプやマキシ丈のワンピースなどがオススメです。

今しかない! 思い出を写真に残してみては?

サテンリボン

ベビーシャワーは妊娠期の記念になるイベントです。せっかくのベビーシャワー、写真に収めておくと後からゆっくり振り返って楽しめますね。
また、家族の記念写真第一号として、スタジオでのマタニティフォトに挑戦するのもいかがでしょうか。ベビーシャワーで着たドレスやいただいたおむつケーキと一緒に撮影すれば、ベビーシャワーの思い出も一緒に残せますよ。ドレスやおむつケーキの持ち込みも、事前にフォトスタジオに相談すれば大丈夫。おなかのお子さまが大きくなったときに、ベビーシャワーの写真やマタニティフォトを一緒に見るのも楽しみですね。

スタジオマリオのマタニティ撮影 詳しくはこちら