女の子をモデルの様にかわいい写真をとる撮影テクとは

入園・入学お役立ちコラム

入園式の撮影テクニック~女の子編~

女の子を持つ親御さまにとって入園式や入学式は特別な日であることに間違いありません。せっかくの記念日なので、モデルさんのようにかわいく撮影したいですよね?
女の子は、特にポーズについて考えてみましょう。入学式や入園式の写真といえば、真正面から直立不動の状態を撮影したものが定番です。記念写真としてはいいかもしれませんが、かわいらしい写真とは言い難いですよね。少し斜めを向いてみたり、頭を傾けてみたり、ポーズをつけて撮影してみると印象が大きく変わります。
女の子らしさが前面に出るようなポーズをお子さまと一緒に考えてみるのも良いでしょう。

光を利用する

光を利用する

プロの撮影現場ではレフ板と呼ばれるものを使用して写真撮影が行われます。
レフ板は被写体を美しく見せるために光を反射させるためのもので、屋外の撮影でも使用することがあります。入学式などで女の子をかわいく撮影したい場合でも、光はとても重要です。
白い壁の近くやホワイトカラーの車の近くなどに被写体を立たせることによって、レフ板の代わりとして使うことができます。女の子は肌の色が白く見えるだけでかわいらしい印象になりますので、周囲の白いものから反射される光を有効に利用しましょう。手軽に使える撮影テクなので、是非覚えておいてください。
また、最近では持ち運びできる小型のレフ板もあるので、そういったものを利用するのも良いでしょう。

やや上から撮影する

どこからカメラを向けるかによって、被写体の印象は大きく変わります。
男の子なら少し下方向から撮影することで立派な印象の写真になりますが、女の子の場合は上方向から撮影し、若干上目使いになるように撮影すると、より魅力的な写真に仕上がります。あまりにも上過ぎると見上げるような形になってしまうので、注意しましょう。
ただし、下方向からの写真が女の子の写りを悪くするわけではないので、本番前に色々と試してみると良いでしょう。どういった位置からカメラを向けるとより魅力的に写すことができるかを考えながら練習すると上達も早いと思います。

自然な状態を大切に

自然な状態を大切に

こどもの中には、カメラを向けられるとどうしても緊張して表情が強張ってしまう子がいます。特に入学式や入園式といった場ではそれが顕著に表れることがありますので、リラックスしている時にシャッターを切るのも一つの撮影テクです。
ポーズを決めて撮影を促すのでなく、ぼんやりしている時や他のことをしている時を狙ってカメラを向けるのも良いでしょう。女の子を魅力的に撮影するためのポイントをいくつかご紹介しました。可愛く魅力的な姿を写真に収めるために、色々と工夫してみましょう。
スタジオマリオでは女の子の笑顔を引き出すかわいい衣装も沢山ご用意しております。入園入学の記念撮影時に、是非ご活用くださいませ。

スタジオマリオの入園・入学メニューについて詳しくはこちら