どれが正解!?入学式のこどもの服装について

入園・入学お役立ちコラム

こどもの入学式の服装について

入学式の服装に正解はあるのか?

入学式の服装

制服のある学校でしたら心配はいらないのでしょうが、小学校の入学式では周囲の服装はすごく気になるもの。良くも悪くも自分のこどもだけ浮くことは避けたい、というお母さまも多いと聞きます。
最近はオシャレな衣装も多く、「こんなに派手で大丈夫?」と思えるものまで販売していますが、黒やグレーを基調とした落ち着いた色味のものがベターでしょう。
地域の特性や通われる学校によっても異なりますので一概に言えませんが、あまりに派手すぎる浮いた服装は周囲のお母さま方の反感を買うことにもなりかねませんので、気をつけた方が良いかもしれませんね。

靴やリボンの小物

髪飾り

衣服のみならず、靴やかばん、女の子の髪飾りにいたるまで本当に頭を悩まされる方もいらっしゃいます。
小学校の入学式では、かばんは学校指定のランドセルを持参となるところもあれば、手さげ袋を持参されるこどもが多いところもあるのだとか。不安な方は事前に学校に確認をすると良いでしょう。
靴はフォーマルなものをご準備される方もいらっしゃる中、運動靴のお子さまも多い様ですね。スーツやワンピースにあった色味の運動靴を新調される方もいるのだとか。女の子の髪飾りなどは明るい色味のものや少し目立ちやすいものですと、式典を後ろから見ているときにも、探しやすいかもしれませんね。

やっぱり主役はお子さま

せっかくの晴れ舞台なので、少しでも良い服を着させてあげたい、恥ずかしくない格好をさせたいと思うのが親心ですが、親の体裁ばかりでこどもが本当は着たくない服を着させたりすることで、お子さまに余計な緊張を与えたり気分が落ち込んだりということがない様に気をつけましょう。
当日はお子さまには「すごく似合ってるよ」「かっこいいね」「かわいいよ」など声を掛けてあげ、気持ち良く式典を迎えられる様にすると緊張も和らぐかもしれませんね。

服や靴は汚れるものだと事前に理解しておく

着物、スーツ、ドレス

元気なこどもは特別なスーツを着ていようが、オシャレな靴を履いていようが、関係なく遊びまわるものです。「あの高いスーツが泥で汚れてしまった」など落胆される親御さまもいらっしゃるかもしれません。
そこで怒ってしまって、折角の記念日を「怒られた思い出」にしない為にも事前に-汚れてしまうもの-と認識する心構えも必要でしょう。
当日は周囲に合わせて無難な衣装にしたけれど、やっぱりかわいい衣装を着せたい!なんていう方に朗報です。スタジオマリオでは撮影用の衣装は何着でもお着替え無料です。
当日は着させてあげられなかった着物やフォーマル衣装、またドレスで撮影なんていうのも良いかもしれませんね。店舗によりお取り扱いの衣装が異なりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

スタジオマリオの入園・入学撮影メニューについて詳しくはこちら