大学の卒業式コーディネートのポイントは?

卒園・卒業お役立ちコラム

大学や専門学校の卒業式は、学生生活と別れを告げる自分自身最後の卒業式になる人も少なくないでしょう。最後の卒業式で素敵な思い出が残せるよう、コーディネートに失敗しないコツをご紹介します。

女子学生は着物に袴、男子学生はスーツが主流

桜

卒業式では女子学生は着物に袴、男子学生はスーツが主流のようです。失敗しないポイントは、性別や和装、スーツに関係なく、自分に合った色の着物やスーツを着用することです。
普段から自分に似合っている色味のものや、試着をしたときに肌が明るく見える色を選ぶとよいでしょう。自分に合った色の着物・スーツを着ると記念撮影の写真も肌映えがよく写真うつりがよく見えます。

女子学生の着物と袴選びのポイント

袴

和装のコーディネートを選んだことがない…としり込みすることはありません。
似合う色を選ぶのは普段の洋服を選ぶ感覚でできるので難しく考えなくて大丈夫です。まずは顔に近い着物から選ぶと自分の肌色に映える着物を失敗なく選べます。
また柄も豊富にあるので「こういうイメージでコーディネートしたい」とイメージを固めておくとよいでしょう。わからない場合はお店で聞いてみるのもよいですよ。

着物を選んだら、袴を選びましょう。袴は着物の色柄をベースに決めるとよいでしょう。
着物の色と同系色を選ぶと、統一感がありなじみのよいコーディネートに。
着物の色と反対色を選ぶとはっきりとした鮮やかなコーディネートになります。着物の柄が大柄ではっきりしている場合は無地の袴、着物の柄が控えめな場合は柄付きの袴を選んでもよいでしょう。
またブーツをはきたい場合はブーツの筒丈はミドル丈以上、袴の丈は草履の時より数センチあげて着用する人が多いようです。試着の際に、ぜひ、ブーツも合わせてみてくださいね。

男子学生のスーツ選びのポイント

卒業式で着用するスーツの色は黒・ネイビー・グレーが多いようです。このメインの3色から自分に似合う色味のスーツを選ぶとよいでしょう。
就職活動時のスーツや入社に合わせて新調したスーツを着る人も多いようですが、せっかくの卒業式なので、ネクタイは明るい色味のものを持ってくると華やかさが演出できます。
また、ジャケットの下にベストを着用したり、ポケットチーフをつけるだけもフォーマル感を演出して式典に向けたワンランク上の着こなしになりますよ。

思い出はスタジオで写真に残して…

最後の卒業式の思い出はプロの手によるスタジオ撮影で写真に残してみてはいかがでしょうか。
事前にご相談いただければ学位記や卒業証書、記念品を持ち込んでの撮影も大丈夫です。式当日はあわただしくてゆっくり写真が撮影できないことも少なくないようです。
じっくり納得いく写真を残してみるのもよいのでは?