1歳の誕生日にはファーストシューズをプレゼント!

お誕生日お役立ちコラム

ファーストシューズとは、お子さまが初めて履く靴のこと。これから歩いて行く人生の最初の一足という意味があります。欧米では、親しい方がファーストシューズをプレゼントする習慣もあるようです。
歩き出したお子さまの最初の一足、どんな靴を選んだらいいでしょうか?

ファーストシューズはいつ履かせるの?

「何にもつかまらないで10歩くらい歩けることが、ファーストシューズを履く目安」と言われています。赤ちゃんが歩き始めるのは1歳前後が多いので、ファーストシューズは祖父母や近親者が1歳の誕生日に贈るプレゼントとしてぴったり。靴はサイズがありますから、ママとパパが選んだ品物を聞いて、それを贈る場合が多いようです。

とはいえファーストシューズには、「いつから履かせなければいけない」という決まりはありません。履かせたいと思ったなら、つかまり立ちがしっかり出来るようになった時に履かせるのがちょうど良いタイミングです。

ファーストシューズを選ぶ時のチェックポイント

まだ骨の柔らかいお子さまの足に履かせる靴ですから、ファーストシューズ選びは慎重に行ってください。気をつけるべきポイントをきちんとチェックして、お子さまにぴったりの1足を選んであげましょう。

サイズ

お子さまの足をきちんと測ります。長さだけでなく幅や甲の高さなども測るようにしましょう。足にぴったりとフィットして、つま先に5㎜程度余裕があるのがちょうどいいサイズです。

素材

お子さまの足の成長を妨げないよう硬くない素材で、かつホールド感のあるものがいいでしょう。柔らかい皮やヌバック、人工皮革、スポーツシューズ用の繊維を選ぶ方もいます。赤ちゃんは汗かきなので、内側は通気性が良く蒸れにくいものを選びましょう。

まだ歩き慣れていないお子さまには、脱げにくく、足首をしっかり安定させてくれるハイカット型がおすすめ。靴の中で足が動かないように、甲の部分はマジックベルトで留める形を選ぶようにしましょう。まだ自分で脱ぎ履きができないので、履き口が大きく開くものにすると、履かせやすくて便利です。

つま先

つま先には、指が自由に動かせる程度のゆとりをもたせます。先端が少しそり返って丸くなっていると地面の凹凸にひっかからず、よちよち歩きのお子さまがつまずく危険が少なくなります。

かかと

かかと部分は立ち上がりがあり、足首をしっかりホールドしてくれるものを選びます。履き口の部分は柔らかく適度な厚みがあるものを選ぶと足が痛くなりません。かかともつま先と同じくエッジに丸みがあるものを選ぶようにしましょう。

靴底

靴底はしなやかで、靴底全体が曲がるものを選びます。特に指つけ根の部分で柔らかく曲がると歩きやすいのでおすすめ。地面をしっかり踏めるよう、安定性の良いものを選びましょう。適度な厚さがあるほうが、歩く衝撃を吸収してくれます。

歩き始めのお子さまはバランスが定まらず、少しつまずいても転んでしまいます。ファーストシューズは、そんなお子さまの足を優しくサポートくれる大事な1足。しなやかで足にフィットするファーストシューズを選んで、お子さまのアンヨの時間が楽しくなるようにしてあげてください。

スタジオマリオのお誕生日撮影 詳しくはこちら