女の子の初節句 初めてのひな祭り お祝いはどうする?

桃の節句・ひな祭り

赤ちゃんは成長がとてもはやく、出来ることがどんどん増えたり、遊び方が変わったりと毎日が驚きの連続ですよね。

そんな赤ちゃんの健やかな成長を祝う行事は、日本にはたくさんあります。

一歳までの間だと、お七夜・お宮参り・お食い初めなど、いろいろなお祝い事がありますが、「初節句」は男の子と女の子で初めて違いが出る行事です。

では、初節句というのはいつ行われるもので、どんなお祝いをするものなのでしょうか?

今回は女の子の初節句について解説をしていきます。

おひな様に関することや、初節句で出す料理についてなどもあわせて解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

女の子の初節句はいつ?

カレンダー

まず、初節句というのは、赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句のことを指します。

女の子の場合は桃の節句である3月3日のひな祭りに行います。

初節句のお祝いって何をするの?

ひな祭り

初節句は赤ちゃんの無事な成長を願い、厄除けを行うための行事です。

おひな様を飾り、祖父母や知人、親戚などを招き、祝い膳などをお出しして盛大にお祝いをします。

では、なぜひな祭りにはおひな様を飾るかご存知しょうか?

実は、おひな様は赤ちゃんのこれから先に降りかかる災難や苦しみ、病気などを代わりに引き受けてくれるといわれてます。

おひな様に災厄をかわりに引き受けていただくことでこれからの赤ちゃんの健やかな成長を願っているのです。

また、地方によっては、神社やお寺などに行き厄除け祈願を行う場合もあります。

おひな様の言い伝えとは?

おひな様

おひな様の言い伝えとして、「ひな祭りが終わったら早くしまわないとお嫁にいくのが遅れる」という話をよく耳にするかと思います。

これは、「ちゃんと片付けを出来るようにならないと立派な大人になれないから」や「厄を代わりに引き受けてくれたおひな様をそのまま近くに置いておくとよくない」といった考えからきています。

あくまでも迷信ではありますが、そういった考えをもってお子様と接するのは大事なことかもしれませんね。

おひな様の後悔しない買い方、選び方は?

冬の花

ひな人形は1月から2月初旬に購入をします

一般的には赤ちゃんのお母さんの実家側で用意をしますが、最近では両家で相談をした上で用意したり、費用を折半をして用意をしたりと様々です。

おひな様はいつまでに誰が用意すればいい?

ひな壇、お雛様

いざおひな様を買おうと思っても、おひな様によってそれぞれ違いがありますので、たくさんある中で一つを選ぶというのはなかなか難しいことです。

では、後悔しないためにどういった買い方・選び方をしたらいいのでしょうか?

ポイントを3つにわけて解説していきます。

1.サイズ

おひな様は、ひな壇を使って飾る大きなサイズのものから、お内裏様とおひな様のお二人だけを飾るコンパクトなサイズのものまで様々です。

住居の大きさや飾る部屋のレイアウトによっても選ぶサイズは変わってきます。

あまりにも大きすぎるおひな様だと飾ることが難しい場合がありますので、どれくらいの大きさのものが良いか相談をしておいた方がいいかもしれません。

2.お顔

同じように見えるおひな様でも、顔の形や表情などに違いがあります。

好みによるものですのでしっかりと購入の際に確認することをおすすめします。

3.衣装

衣装に関しても、柄、材質、生地などさまざまです。

実は衣装の着せ方も種類がありますので、いろんなおひな様をみて選びましょう。

二人目も女の子、人形はどうすればいい?

赤ちゃん

以前は、「おひな様は一人1セット準備する」という考えであったため、二人目の子にも用意をするご家庭が多かったそうです。

ですが現在では、飾る場所がなかったり経済的な点から、二人目のおひな様は一人目のおひな様よりコンパクトなものを選んだり、二人で共用したりというご家庭が増えてきています

おひな様はいつから飾ればいいの?

雨水の日

おひな様は節分の翌日である立春から飾るのが一般的です。

ですが、古くから雨水(うすい)の日におひな様を飾ると良縁に恵まれるという言い伝えがあります。雨水は二十四節気の一つで、立春から約15日ほどたった日のことをさします。

もし立春に飾れなかった場合は雨水の日にかざるのも良いとされています。

ただし、おひな様を飾る場合には避けるべき日にちがあります。

桃の節句の前日である3月2日に飾るのは「一夜飾り」と呼ばれ、おひな様を飾るのに適していません。

諸説ありますが、一夜飾りであるお葬式を連想させて縁起が悪いという説や、災厄を代わりに引き受けてくれるおひな様に対して一夜だけ飾るのは失礼であるといった説があります。

もし立春や雨水に飾ることが出来なかった場合は、最低でも桃の節句の一週間前には飾りましょう。

2月生まれの女の子の「初節句」はいつになるの?

赤ちゃん

2月生まれだと、初節句を生まれた年に行おうとしても、まだ生まれて1か月ほどしかたっていないため母子ともに体調面も心配ですし、首も座っていないため記念写真を撮ることも難しいです。

そのため、1月~3月生まれの子は翌年の3月3日に初節句を行うご家庭が多いです。

一生に一度しかない初節句ですので、無理をせず落ち着いてお祝いをしてあげましょう。

女の子の初節句(ひな祭り)ではどんな料理を出せばいい?

お祝い善、ちらし寿司

ひな祭りに出す料理は、ちらし寿司やハマグリのお吸い物、菱餅、白酒、ひなあられなどが一般的です。

それぞれ縁起を担いだ料理となっていますが、ここではちらし寿司、はまぐりのお吸い物、菱餅について解説をしていきます。

ちらし寿司

諸説ありますが、彩りが美しく春を感じさせる様子からひな祭りの定番となったといわれています。

具材にも意味があり、背中が曲がっていることから長生きし健康であるようにと願いを込めたエビ、穴が開いているため先の見通しが良くなるという意味のれんこん、まめに働くという意味で豆など、これから先の健やかな成長を願った料理であるとされています。

はまぐりのお吸い物

ハマグリは二枚貝ですが、実はその二枚の貝殻でしか合わず、ほかのハマグリと合わせてもぴったりと合うことはありません。

その様子から仲のいい夫婦を連想し良縁に恵まれることを願って食べるようになったとされています。

菱餅(ひしもち)

菱餅はピンク・白・緑の三色からなる餅です。

色はそれぞれピンクの部分は赤として捉え魔よけを、白の部分は清浄を、緑は健康や長寿を意味しています。

初節句(ひな祭り)スタジオ撮影の衣装・ポイント

初節句(ひな祭り)スタジオ撮影の衣装・ポイント

せっかくの初節句。お家での記念写真だけでなくスタジオ撮影をするのもおすすめです。

ひな祭りの衣装はおひな様のような十二単などの和装のほかに、ドレスなどの洋装や妖精やうさぎなどのなりきり衣装などもあります。

どの衣装を着てもかわいいので迷ってしまいますが、いろんな衣装をみて決めましょう。

ただし、かわいい衣装をきても赤ちゃんがぐずってしまうとパパやママは少し大変ですよね。赤ちゃんがぐずらないようにできるだけ準備はしておきたいものです。

良い写真を撮るためにまず気を付けた方が良い点は撮影の時間帯です。

赤ちゃんによってお昼寝や授乳の時間はまちまちです。なかなか適した時間を見つけることは難しいかもしれませんが、お昼寝時は避けるようにするのが無難です。

また、おむつやミルクも足りなくならないように準備をしておきましょう。

普段気に入ってよく遊ぶおもちゃや人形、お気に入りの動画などがすぐに見れるように準備をしておくのも効果的です。

スタジオマリオの桃の節句・ひな祭り撮影について詳しくはこちら