七五三 お宮参り お誕生日に。記念日スタジオ

3歳、5歳、7歳ってどんな時期?

七五三お役立ちコラム

3歳、5歳、7歳ってどんな時期?

育児書に書かれている発達の目安は、あくまでも平均値。お子さまの発達には個人差があります。
お子さまによっては、寝返りができないままお座りが出来るようになったり、1歳半過ぎてもあんよを上手にできなかったお子さまが、保育園に入ったら“かけっこ”が得意だったり、というケースも珍しくないことなのです。
七五三を迎える時期には、同じ年齢のお子さまとつい比べてしまい、「落ち着きがない」「身体が小さい」などの不安を口にされるお母さまもいらっしゃいますが、お子さまの健やかな成長に感謝を込めて、素敵な思い出を残してあげましょう。
ここでは3歳、5歳、7歳を迎えるお子さまの特徴についてご紹介します。

3歳児の成長と発達

3歳児の成長と発達

長い間、抱っこやおんぶをしているのが辛くなってくる時期と感じる方も多いでしょう。
ただ、なにをするにもイヤイヤとなる「魔の2歳児」と呼ばれる時期を抜けるため、育児の楽しさを改めて実感できる時期と言えるかもしれません。屋外ではますます活発になり、遊びの範囲もぐっと広がってくる時期です。バランス感覚が発達し始め、階段を昇るお子さまも見られます。ブランコや鉄棒、すべり台など身体を大きく使った遊びを好むようになりますが、まだまだ未熟なところも多く、ちょっと目を離した隙にケガをしてしまうこともあるので注意が必要です。
生活面では、多くの子が食事を自分で食べられるようになってきます。手先が器用になり、集中力もぐっと高まってきますので、ハサミを使ってみたり、サインペンなどを使って絵を描こうとする機会も増えてきます。
また、日々の会話では「なんで?」、「どうして?」などの質問攻撃の連続になるかもしれません。周囲に対する関心が高まった証拠でもあるため、質問に困ってしまうこともあるかもしれませんが、出来るだけごまかさないでその都度教えてあげましょう。
また周りの大人たちの会話の真似をしだす時期でもありますので言葉使いには特に気を配り、優しい言葉で話をするようにすると良いでしょう。

5歳児の成長と発達

5歳児の成長と発達

5歳になると筋力も付き始め、ジャングルジムやブランコ、ボール遊びなどいろいろな遊びに積極的に取り組むお子さまも増えてきます。手先の器用さも増し、ボタンの掛けはずしや、箸が上手に使えるようになってきたりします。さらに最近ですと、パパやママのスマートフォンを器用に使いこなすお子さまも少なくないですよね。ご家庭の方針にもよられると思いますが、スマートフォンやタブレットなどに早いうちから触らせることに抵抗がない場合には、教育アプリなども今はたくさんありますので利用されても良いかもしれません。
大人に頼らず自分でやってみる気持ちが高まる分、失敗をする度に泣き出し、ママを探す姿も特徴的です。失敗や成功を繰り返し、ますます力を付けていきます。
知能も一段と高まり、自分の思っていることや考えを自由に言い現せるようになってきます。鬼ごっこやケーキ屋さんごっこなどのゴッコ遊びをはじめたり、まるで大人のような言い回しを覚えたりと、思わず微笑んでしまうこともあるのではないでしょうか。
ますますお子さまの遊びから目が離せなくなりますね。

7歳児の成長と発達

歳児の成長と発達

一日の大半を小学校で過ごすようになり、心の様々な側面が目まぐるしく発達していきますので行動の変化やストレス反応には注意が必要です。
7歳の七五三は、幼児期からの卒業を迎えた女の子のためのお祝いで、大人と同じ着物を着用する「帯解(おびとき)の儀」とも言われますが、ある日突然大人になるというよりは集団生活の中で遠慮することを覚えたり、お友達と触れ合いながら多くのことを学んでいきます。勉強や運動など、ついつい周りのお子さまと比較してしまいがちな機会も増えますが、まずはお子さまの成長を素直に喜ぶ機会として、七五三をご家族でお祝いされてはいかがでしょうか。

スタジオマリオの七五三撮影メニューについて詳しくはこちら

七五三早撮りキャンペーン