七五三 お宮参り お誕生日に。記念日スタジオ

七五三の由来

七五三お役立ちコラム

七五三ってどんなもの?どうして11月15日なの?

お子さまのこれまでの無事を祝い、これからの成長と幸せを願う行事

七五三の由来

七五三の起源は室町時代とされています。
当時は生まれ立ての赤ちゃんが亡くなることが多かったため、 生後3年~4年経過してから、当時の戸籍に登録をしていました。
そして3歳、5歳、7歳になると神社や寺などに行き、
この年まで無事に成長したことへの感謝、そしてますますの成長と幸せを神様にお願いするようになりました。これが七五三の由来です。

3歳・5歳・7歳で行うのはどうして?

3歳・5歳・7歳で行うのはどうして?

七五三にはそれぞれ意味があります。まず3歳のときは、男女ともに髪を伸ばし始めるという「髪置(かみおき)の儀」の意味があります。
これは、江戸時代は3歳までは髪をそり、3歳でそれを終了するという風習から来ています。
男の子の5歳は男の衣服、はかまを着るという「袴着(はかまぎ)の儀」が、女の子の7歳の時は着物帯を着はじめる「帯解(おびとき)の儀」という意味があります。これは男子がはかまを着用し始めるのが5歳、女の子が幅の広い大人の帯を結び始めるのが7歳からだったことから来ています。

どうして11月15日に行うの?

11月15日は、徳川綱吉の長男・徳松の健康のお祈りをした日です。お祈りをした後は徳松がすくすくと成長したことから、各地で七五三を11月15日にするようになったと伝わっています。また旧暦の15日がかつて二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何をするにも吉であるとされていること、旧暦の11月がその年の収穫の実りを神に感謝する月であることも、その理由の1つとされています。

スタジオマリオの七五三撮影メニューについて詳しくはこちら

七五三撮影キャンペーン