七五三 お宮参り お誕生日に。記念日スタジオ

七五三で他の子と差をつける髪型・メイク術

七五三の髪型や化粧に関するお役立ちコラム

七五三で他の子と差をつけるメイク術

七五三お参りにおいて、ついつい衣装や髪型にばかり気がいってしまいますが、女の子の場合ですと、メイクをどうするかまで考える必要があります。
3歳の女の子のお祝いですと「え、まだ子供にメイクは不要でしょう」とのご意見から、まったくメイクをされないという方もいらっしゃいますが、女の子は化粧品に興味があるお子さまも多く、メイクをすると嬉しそうな表情を見せてくれることも少なくありません。
またメイクをすることで写真映えも良くなりますし、特別感も演出できますよね。
ここではお子さまを、よりかわいくみせるメイク術を紹介していきます。

基本的なこどものメイク

基本的なこどものメイク

写真スタジオや美容室でメイクをお願いする場合は良いかもしれませんが、ご家庭でメイクをする場合、お子さまが普段から「化粧をしてほしい」というようになってしまったということもあるようです。
まず、メイクを始める前に「今日は七五三だから特別だよ」など一言添えてあげると良いですね。
それではメイクですが、お子さまの肌はそのままで十分きれいですので、薄くファンデーションを塗ってあげると、より透明感が増します。ファンデーションは、お母さまが使っているもので基本的には問題ありませんが、お子さまの肌を守るために、低刺激なものを使用するようにしてください。心配であれば、化粧水もしくは乳液をつけてからファンデーションを塗るようにしましょう。
3歳のお子さまの場合はファンデーションではなく、パウダーで整える程度でも良いかも知れませんね。 次は口紅です。華やかな和装・洋装のスタイルに映えるのは、はっきりとした赤系やオレンジ系の濃い目の色味です。そこにグロスをちょっと添えるとつや感がプラスされ、ぐっと大人っぽくなります。
濃い色に抵抗がある場合は、肌の色に近い薄めの口紅を選ぶと、あどけなさを残すことができます。衣装の色に合わせて口紅の色を選ぶようにしてください。
口紅の塗り方は、下唇に丸みをもたせるように口紅をさすのがポイント。唇がぽってりとしてかわいらしい印象を与えることができます。

衣装に合わせた大人っぽいメイクもおすすめ

こどもは肌が綺麗なので通常は軽めのメイクで十分ですが、最近は衣装のデザインも個性的なものからシンプルなものまで種類が豊富なので、衣装に合わせたメイクをするのもおすすめです。
衣装が大人っぽいものであれば、ファンデーションと口紅の他に、衣装の色に合わせたアイシャドウ、チークを入れてあげると、あどけなさに大人っぽさがプラスされます。
柔らかい色味でシンプルな衣装の場合は、そのトーンに合わせて、薄めのファンデーションに、肌の色に近い口紅、チークを施してあげるくらいでバランスがいいでしょう。

こども写真館なら衣装もメイクもおまかせ

こども写真館なら衣装もメイクもおまかせ

スタジオマリオでは、衣装に合わせたヘアメイクも無料で行っています。
お子さまのかわいい写真を残せるという意味でも人気ですが、七五三は準備やお参り、お食事会などパパママも忙しい1日となられますので、ヘアメイクの心配をしなくても良いという意味でも人気があります。
お参り用衣装レンタルを活用いただく際には、撮影と別日でお参りされる場合でも、着付けもヘアメイクも無料で行うことができますので、ぜひご利用くださいませ。

スタジオマリオの七五三撮影メニューについて詳しくはこちら

七五三撮影キャンペーン