七五三 お宮参り お誕生日に。記念日スタジオ

慌ただしいのにゆるゆるしている。そんな時間の中に暮らす わーちゃんと子供たちの日々

尾道:石鎚山の鎖修行

VOL.376 2017年09月01日

古くより多くの文人が愛した
広島の尾道へ、やってきました。

尾道は坂が多い町ですが、
有難いことに坂の上の善光寺まで
ロープウエーが出ています。

これで、上からぷらぷら降りて
くれば、坂道もらくちん。

乗り込んだロープウエーから
外を眺めていると、

目指す善光寺の脇の
岩に上る人々を発見。

あれはなんだろう。


行ってみてわかりました。
岩登りの正体は石鎚山鎖修行。

この岩の上に鎮座まします石鎚蔵王
大権現に参拝する経路なようです。

ここまで来たのも何かのご縁。
行ってみましょう。

看板のところから見える岩はわずか。

大きな鎖の穴に足をかけ、
慎重に慎重に上へ進みます。

息子は最初の数歩ですでに苦戦。

怖くなってしまったようですが、
後ろから、人が上ってくるので
始めたらもう戻れない。

勇気をもって進むしかありません。


岩を登るとその先には次の岩。
途中広場があって、また岩。
さすが、修行。

それだけに、岩を上りきった先に
突如開ける尾道の風景は、
心に刺さる、美しさ。

電線など、視界を遮るものは
一切ありません。

ああ、尾道ってきれいだなあ。

全身で、無心に岩山を上る。

なかなか日常の中ではできない
貴重なことを体験させて頂きました。

あれは伊予
  こちらは備後春の風(物外)

多くの文人たちが歌に詠み、
小説に残した尾道の風に、
私たちも吹かれています。