七五三 お宮参り お誕生日に。記念日スタジオ

育児フォトコラム
わーちゃんのゆるゆるり

慌ただしいのにゆるゆるしている。そんな時間の中に暮らす わーちゃんと子供たちの日々

慌ただしいのにゆるゆるしている。そんな時間の中に暮らす わーちゃんと子供たちの日々

テレビはあまり見ません。その代わり、天気に一喜一憂しながら街をてくてくしたり、子供に振り回されながらささやかな発見をしたり、美味しいものに出会ってほくそ笑んだり、そんな日々を過ごしています。わたわたしていても、周りの人に、慌てていた事が伝わっていない事がよくある、わーちゃんです。

ゆるゆるりの心持ち

VOL.380 2017年09月29日更新

わーちゃんのゆるゆるりは、
2010年に始まりました。

当時、娘は、幼稚園に通い
始めたばかり。

息子はなんとまだ0歳。

まさに、わたわたまっただ中。


子供の可愛さは3歳がピークと
聞けば、この先下降の一途かと
本気でおびえていた(!)
懐かしいあの頃。

7年たった今、ようやく言える
ことがあります。

子供たちの可愛さはその後も
ずんずん増えていく一方です。

ご安心ください。


好きな詩を、ここに一つ。

あの夏の数かぎりなき
そしてまたたつた一つの表情をせよ
(小野茂樹 )

数限りなく思え、でもたった一つの。

そんな表情が、撮りためてきた
写真にはいっぱい。

だから、今日も写真をパシャリ。

何でもなかったはずの1コマが
10年たった今は宝物です。

さて。

親しい友に手紙を送るように。
子供たちに話すように。


ゆるゆるとお届けしてきたこの
フォトコラムは、本日で最終回を
迎えることとなりました。

7年。いろいろな事があったなあ。

もちろん、毎日陽だまりにいられた
わけではありません。
嵐の日も、日照りの時もありました。

でも、そんな日々の中でさえ、
心にあかりが灯るささやかな
瞬間はやってきます。

必要なのは小さな喜びや温もりに
まなざしを向けること。

ときにはきりりと気合を入れて。
ゆるゆるりの、心持ち。
さて、明日もまた。

長らくのご愛読、本当に
ありがとうございました!