七五三 お宮参り お誕生日に。記念日スタジオ

コラム

慌ただしいのにゆるゆるしている。そんな時間の中に暮らす わーちゃんと子供たちの日々

育児フォトコラム わーちゃんのゆるゆるり

慌ただしいのにゆるゆるしている。そんな時間の中に暮らす わーちゃんと子供たちの日々

テレビはあまり見ません。その代わり、天気に一喜一憂しながら街をてくてくしたり、子供に振り回されながらささやかな発見をしたり、美味しいものに出会ってほくそ笑んだり、そんな日々を過ごしています。わたわたしていても、周りの人に、慌てていた事が伝わっていない事がよくある、わーちゃんです。

幸福な味の、おうち味噌

VOL.315 2016年07月01日更新

指折り数えてみたところ味噌作りを
始めて、7年になりました。

子供たちは味噌作りが大好き。
想像していたよりも簡単に出来て
何より、美味しい。

作るのをやめる理由が見当たらない
まま、続けていたらもう7年。

甕や壷で仕込む味噌にも憧れますが

カビの有無が一目瞭然で
上下ひっくり返せるラミジップは
現代味噌仕込みの救世主的存在。

台所の片隅に味噌の袋を置き、
発酵して袋が膨らんだら、
ぷしゅっと空気を抜く。

そんな単純な作業を繰り返す
だけで、味噌は勝手に育ちます。


自力で発酵した味噌は
一言でいえば、味に深みがある。

味噌そのものからも出汁が出る
ような、気がします。

今年は、いつもの米味噌に加え、
玄米味噌も仕込んでみました。

どちらも、それぞれに良さがある。
個性の違う2人兄弟を育てた気分。

たっぷり作った味噌は、
いろいろな場面に登場。

みりんと日本酒で味噌を
のばして作る味噌漬けも、
気軽に出来てしまいます。

香ばしく焼きつけた味噌漬けを
ほおばる夜は、ちょっと
幸福な気分になります。