ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

トンボの羽化

VOL.299 2010年05月21日

午前9時近く、娘を保育園に送ると、
駐車場で目に飛び込んできたのは
虫が、虫にしがみついている光景…。

…ん? ん???
眼鏡をかけてよく見ると、なんと「トンボ」
ヤゴが

羽化している瞬間でした!

辺りでは、兄弟らしきヤゴが
5、6匹で集団脱皮。まるで、
しがみつきの我慢大会をしているよう。

それにしても、昆虫というのは、
夜明け前に脱皮をはじめ、陽が昇ったら
飛び立つものではないのでしょうか?

ずいぶんと、呑気なトンボちゃん。
白昼堂々、こんなにあられもない姿を
さらして、天敵に襲われないのかしら。

夕方のお迎え時に再び見ると、
残っていたのは、主のいなくなった殻のみ。
記念に、一つ持ち帰ってきました。

一見、グロテスクなようで、実に神秘的。

背中の皮を突き破り
必死にもがき脱いだ、命の証です。

誰に教わるでもなく、
陸に上がって鎧を脱ぎ、
体を伸ばし、羽根が乾くのを待つ…。

ホント、生物の神秘には感心させられます。

さすがは、大自然の中の保育園。
メダカもホタルも自生する小川ですが、
まさか、トンボの羽化まで見られるとはね。

どうか、いつまでも
このビオトープが守られますように…。