ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

とうとう波が…

VOL.267 2009年10月09日

とうとう、子供たちの保育園にも
インフルエンザの波。

まず娘が罹り、やっと回復…。
と思ったら、すかさず息子が発症。

めったに熱を出さない息子が
40度近い高熱。それに咳、鼻水、
首の痛み、吐き気で、もうレロレロ。

…そうです、”おそらく”新型です。

おそらくというのは、季節性か新型か
簡易検査では判定できないから。

流行が進むと、一人一人に
手間のかかる遺伝子検査など
できないのが現状のよう。

結局は、
「今、季節性の流行はない≒新型」
といった、間接的な判断です。

ですが、新型であっても、
焦ることはありません!
新型は弱毒性で、
抗ウイルス薬も有効ですからね。

原則的に、10代には処方を
見合わせているものの、
小さい子供は、合併症が心配なので
タミフルを処方してくれると思います。

息子も、タミフル服用のおかげか
1日で解熱し、レロレロ息子から
元のやかましい息子へ…。
まぁ、ひと安心です。

今回の新型で特記しておきたい事
といえば、簡易検査の陽性反応が
季節性のものより出づらい
…といった情報がある事。

一般的に、インフルの簡易検査は
発熱後12時間経過でほとんどの
陽性反応が出る…。
などと言われていますが、
新型の場合、時間をおいても
陽性反応が出ない事が多いとか。

はじめの検査が陰性でも、
症状があるなら油断禁物。
重症化を防ぐためにも、翌日に
再検査をした方がよさそうです。

娘の発症から、5日経過の現在。
私も主人も、「手洗い」「うがい」
「睡眠」「部屋の換気」が功を奏してか
発症の気配はなし。

あと一週間、はたして無傷のまま
乗り切れるでしょうか…。