ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

ふきのとう

VOL.235 2009年03月02日

今年も、畑の脇に現われた
「蕗の薹(ふきのとう)」

蕗の薹は、冬の間にたまった脂肪や
老廃物を排出してくれる春の山菜で、
冬眠から目覚めた熊が
最初に口にする食べ物
とも言われています。
(って、誰が見たんでしょうね?)

蕗の薹には、いろんな成分が
含まれているようです。

お昼の情報番組風に解説をしますと、
苦み成分の一つ「アルカロイド」は
肝機能を強化し、
新陳代謝を促進する効果、
香り成分の「フキノリド」は
健胃効果があるとか。

それに、「フキノール酸」は、
血中ヒスタミンを減らすとかで、
アレルギー症状の軽減が
期待できるそう!

花粉症の私には嬉しい限りです。

この日は、定番の天ぷらに。

「苦い!…けど、美味しい~。」

子供の頃は「こんなに苦くて
マズイのに、なぜ大人たちは…」
と不思議に思っていましたが、
すっかり世代交代。

かつて私が思っていた事は、
息子にしっかり受け継がれたよう。
一口で、苦い顔になっていました(笑)

でも、この子もいつかは大人。

彼も、お父さんと呼ばれる頃には
同じことを思うかもしれませんね(^_^)