ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

たがめになるために

VOL.232 2009年02月09日

息子が保育園の発表会(演劇)で、
タガメ役をやるという。

「タ、タ、タ、タガメ? 何それ?」
と図鑑で調べてみると、タガメとは、
日本最大の水棲昆虫だそう。

タガメは、魚やカエルなどを捕食し、
「水中のギャング」とも呼ばれる
それはそれは獰猛な昆虫で、今回の劇でも、
おたまじゃくしを襲う場面があるとか。

やんちゃな息子とシンクロする役だな~、
…なんて、感心(?)していると、
先日、担任の先生から「劇の衣装として、
茶色のTシャツ&ズボンを用意するように」
と、お達しが。

茶色ズボンは手持ちがあったものの、
Tシャツは、洋服屋を何件回っても、
茶色がない! ない! なーい!

仕方ないので、染め物に初挑戦。

もはや恥ずかしくて着られない
シミだらけの白シャツを、
惜しみなく、ダークブラウンに。

溶いた染め粉の茶色は、
おどろおどろしく、いかにも
水中のギャングっぽい。

さぞかし、ダーティな「タガメスーツ」が
出来あがるかと思いきや…。

ん???
なんだか、可愛らしい茶色。

見本の色とはだいぶ違い、
ピンク混じりの茶色で、
「タガメちゃん♪」と呼びたい感じ。

やっぱり、染める素材によって
仕上がりも違ってくるものですね。

ゴム手袋を忘れた私の手の方が、
よほど、おどろおどろしい(笑)

この、血をぬぐったような右手を
人前で出すのに、
どんなにビクビクしたことか…。
(この日の私は、挙動不審でした)

染まりの悪さに、手袋忘れ。
…初めての染物は、勉強になりました。

でもまぁ、衣装は失敗でも、心は錦。

発表会本番は、ダーティ・タガメに
なりきってくれることを願います。