ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

特別牛乳の基準

VOL.223 2008年12月08日

先日行った神奈川県・横浜市の
「こどもの国」という児童施設。

ここには小さな牧場もあるので、
年賀状用に、牛と記念撮影!
って事で来てみたのですが…。

ここで意外なものを見つけました。

それは、 【特別牛乳】 という名の牛乳。 
500mlで300円です。

「特別って、そりゃ~言ったもん勝ちじゃ?」
…と思いきや、これは、厚生労働省の定める
れっきとした牛の乳の種類別名。
(牛乳・加工乳・乳飲料といった、あの区分です)

【特別牛乳】とは、厳しい衛生基準、
高い成分基準をクリアした施設で搾取した
牛の乳だけに認められる称号だそう。

たとえば、牛乳の成分基準が
乳脂肪分3.0%以上なのに対し、
特別牛乳は3.3%以上という基準。
他にも、飼育環境や搾乳環境などでも、
衛生的な配慮が求められるよう。

現在、承認されている牧場は全国で数か所のみ。
しかも、ほとんどが一般に流通しておらず、
牧場直売か、通販で買える程度。

名前になじみがないのも、うなずけます。

その上、この「サングリーン」は


【ノンホモジナイズド牛乳】だそう。

多くの牛乳は【ホモジナイズ】という
処理(牛乳に含まれる脂肪球を砕き
成分を均一にする)をする事で、
脂肪分の分離を防いだり、
熱処理しやすくするのですが、
その反面、生乳本来の風味が
損なわれる短所もあるそう。

特別牛乳ゆえに、ノンホモを貫き、
味を追求しているのかもしれません。

たしかに風味豊かで、
コクがあるのに後味サラリ。
美味しくって、毎日飲みたいヮ♪

…と思ったものの、よく考えてみたら
1週間で牛乳3Lが消える我が家で
毎日これを飲むと、1ヵ月7200円!

やっぱり【特別牛乳】は
特別な時に味わって飲む牛乳。

哀しいかな、これが我が家の
基準になりそうです(>_<)