ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

ギラギラのアイツに胸キュン

VOL.222 2008年12月01日

こちらは五街道のひとつ、
甲州街道のイチョウ並木。
(東京都・八王子市)

合計770本の黄葉が
延々と続く光景は圧巻!

これだけの見事なイチョウがあれば、
イベントが開催されるのは必至で、
辺りは、地元主催の「いちょう祭り」で
盛り上がっていました。

例年、2日間で約30万人の人出がある
お祭りだけに、会場付近は人だらけ。

やっとのことで、会場についてみると、
美味しそうな露店がいっぱい!

今回は、これに恋してしまいました。

その名も「中華シャーピン」。

直径15センチくらいの大きさで、
1枚300円。

「シャー」は餡、「ピン」は餅の事だとか。
簡単に言うと、餃子の餡と皮で作った
中華風お焼きといったところ。

華やかな焼きパフォーマンスも然ることながら、
地道にコツコツと包まれていく生地に
私の目は、すっかり釘付けに。

そう!この生地がすごく美味しそうなのです。

おそらく、強力粉たっぷりの生地に、
ラードが入っているのでしょう、
つやがあって、もっちりとなめらか。
丁寧に仕込まれた生地と、お見受けしました。

これだけで焼いても、
間違いなく美味しそうですが、
さらに、肉、ニラたっぷりの餡を包んで
焼くわけですよ、ジューッと音を立てながら。

…と、美味しいポイントを指折り数えながら、
あれこれ想像して、並ぶこと数分。

期待値最大になったところで、私の番になり、
「1枚」と言うつもりの口が、勝手に「2枚」と…。

でも、2枚なんて大失敗!!
3枚にすべきでした。

皮は、表面がパリッと、
噛みしめるともっちり食感。
餡は、甘くてジューシーな豚肉と
ニラとのハーモニー。
脂ギラギラですが、最高に美味♪

餃子よりも生地が厚い分、
もっちり感が強く、餃子とは別モノ
という印象がします。

自分でも作れそうだけど、
たぶん再現は難しい…そんな匠の味。

この露店は、次はいずこへ。。。

追っかけしたくなる
ちょっと”胸キュン”の味でした。