ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

いい主婦になれます

VOL.219 2008年11月10日

今年も、祖母宅では
柿の収穫期を迎えました。

祖母宅には柿の木が
何本かあるのですが、これは
たしか「次郎柿」という品種。

完熟すると、甘いばかりか
程よい柔らかさ・食感になり、
絶品なのです。

1才5か月の娘は、
柿を食べるのは初めて。

皮の部分だけ取り除いてあげると、
娘も、ガブガブ食べていました。
甘くてやわらかいので
とても気に入ったのでしょう。

娘も、去年の収穫のころは
離乳食が始まるかどうか
という時期だったのに、
今はもう自分の意志で
好きなように食べて…。

…1年が経つのは、早いものです。

すると、娘はおもむろにカゴの方へ。

左手に食べかけを持ったまま、
かごの中をガサゴソ…。
まるでワゴンセールに駆け付けた
ベテラン主婦みたく
チャキチャキと品定め。

はたまた、やや斜に構え、
中腰気味に物色するあたりは
スカートの裾を気にするOL風、
といったところ。

ちょっとした後ろ姿に、
将来像を垣間見てしまいました(笑)

そして「じょじょ(どうぞ)。」と
私に戦利品を届けてくれました。

いやいや、ご丁寧にどうも♪
しかも、傷の少ないきれいなものを
お見立ていただいて…。


きみは、将来いい主婦になれるかもね。

お母さんに似ませんように…(笑)