ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

どんぐりデビュー

VOL.218 2008年11月03日

どんぐりと言えば、
リスさんの食べ物。

…と思いきや、実は人間も
食べられるんですよ!!

日本の一部の山間部では、
どんぐりご飯、どんぐり餅などの
郷土食がありますし、
お隣の韓国にも、どんぐり料理が
あるようです。

縄文時代にいたっては、
日常的に食べられていたそうで、
当時の人々は、貯蔵法まで
確立していたとか。

デンプン質が豊富などんぐりは、
縄文人の食生活になくてはならない
食べ物だったのですね。

そんな情報を聞いた私が
食べないわけがありません!!

早速、下処理を開始しました。

写真のは、「コナラ」か
「ミズナラ」のどんぐり。
殻をむいてみると、
まるでアーモンドです。

ただし、アクが強いので、
時間をかけてゆでて
アク抜きをせねば…。

こちらは「スダジイ」という
アクが少ない種類。
いわゆる椎の実だそう。

天日干しするだけで、
殻がパックリ割れ、
生で食べても美味しいのです。

言うなれば、
”あっさりしたマカダミアナッツ”
と言ったところでしょうか。
(ちょっと褒めすぎか)

どんぐりデビューと致しまして、
今回は「どんぐりクッキー」に。

いささか、どんぐりの食感が


硬い気がしないでもないですが(笑)、
どちらのどんぐりもクセがなく
クッキーらしく食べられます。

いやいや…。
本当に食べられるんですねぇ!
子供も、ビックリしていました。

今度は、「どんぐりご飯」に
挑戦してみます。