ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

アイクロップス

VOL.203 2008年07月21日

こちらは、先日発売になった「アイクロップス」。

テレビに繋いで楽しめるデジタル顕微鏡で、
昨年、アメリカで大ヒットした商品だそう。

ついに日本上陸!とのことで、
理科好きの血が騒ぎ、さっそく買ってみました。

約200倍※ で見るミクロの世界。
(※27インチテレビの場合です)

ガーゼハンカチも、この通り。

単純だけど、実に新鮮な世界です。

庭に咲く花を見れば、
体長1ミリ未満の小さな虫が
活動しているのが見えるし、

雑誌の印刷面を見れば、
赤、青、黄色のドットが重なり合い、
あらゆる色合いを表現しているのが
よ~く、わかります。

他にも、塩の結晶や、野菜の断面、
舌の表面(ちょびっとグロいです)を
見るのも、なかなか。

でも、一番感動したのが、
日本の紙幣。

一万円札のホログラムにある、
「NIPPON GINKO」の極小文字が
クッキリ読めたり…。

千円札に潜む「ニ」「ホ」「ン」の文字が読めたり…。

(五千円札、一万円札にも、表裏それぞれに
 「ニ」「ホ」「ン」のシークレットマークがあります)

肉眼では目に留まらない極小文字が
こんなによく見えるなんてー!

日本紙幣の出来の良さを痛感しました。

おもちゃのような顕微鏡ですが、
なかなか楽しめるものですネ。

大人の目にも十分新鮮でしたが、
小学生くらいのお子さんなら、
もっと楽しめるでしょうね!

小学生のお子さんを持つお父さん、お母さん、
夏休みの自由研究にいかがですか?