ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

リサイクルステーション

VOL.200 2008年06月30日

スーパーの一角で、面白いものに遭遇。

これは「リサイクルステーション」といって、
ペットボトルを自動的に回収するマシーン。
環境先進国ノルウェーの機械だそうです。

投入口には高性能センサーがついており、
ペット素材だけを自動判別して、
取り込み&破砕し、容積を1/10にする
というスグレモノ

です。

使い方は簡単。フタとラベルを外し、
軽くすすいだペットボトルを
ボトルの底から入れるだけ。

フタやラベルのないボトルを
破砕するので、その場で
高品質な資源材料を作れるのです。

今や、自治体の処理場では、
フタやラベルを外すのに、
大変な

人件費が要るのだそう。

でもこの機械なら、
誰でも外さざるを得ないし、
外す必要性を改めて考えさせられます。

意識改革にも一役買ってくれる
かもしれませんネ。

実際に、私も投入してみました。

ボトルを入れるとセンサーが反応し、
ベルトコンベアで内部まで運ばれ、
「ガシャガシャ」という音と共に、
処理完了。

ものの2秒で飲み込まれる

ボトル達。
なかなか快感です。
動物の餌やりに夢中になる
子供の気持ちがわかる気がします(笑)

うっかり、フタ付のまま入れようとしても、
センサーがはじいてくれるのには
ビックリ。本当に賢いです!

…とまぁ、こんな風に手軽に使える
エコマシーンなのですが、
ポイントがたまる仕組みもついているそう。
利用者のメリットも考えられています。

でも、もっと大きな目的としては、

『後世に

キレイな地球を残すこと。』
ですよね。

できることからコツコツと…。

マシーンとの遭遇で、
改めてエコを考えさせられた私でした。