ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

プロの家庭菜園

VOL.195 2008年05月26日

先日、農業を営む伯父の畑を借り、
伯父と家庭菜園をつくりました。

家庭菜園といえども、
野菜作りのプロである伯父が
作業を進めてくれるので、
もはや、域を超えた本格的な畑。

それに、畑は我が家のとなり、
徒歩10秒の場所。
晩ご飯の材料調達には
格好のロケーションです。

プロが作った畑で、
素人が好きなものを植え、
好きな時に収穫する…。

こんな贅沢な家庭菜園が
どこにありましょうか!

土に肥料を混ぜ、
耕運機で耕してもらった後は、
黒いビニールシート(業界では
マルチと呼ぶそう)を敷き、
支柱を立て、きゅうり用ネットを張る。

あれよあれよ、と言う間に
立派な畑が完成!

師匠(伯父)には、おんぶにだっこ。
道具の用意から、作業に至るまで
何から何まで、お世話になりっぱなし。

(…それでも、修行中の弟子(夫)は、
翌日、筋肉痛を訴えていましたケド。)

出来上がった畑には、
伯父にもらったきゅうり、トマトの他、
とうもろこし、枝豆、小玉スイカなど
子供が喜びそうな野菜と、
あると便利なミツバ、パセリも…。

「慣れない手つきだね~」と
師匠に暖かく笑われ、
苦笑いしつつ植える弟子。

なんとか植え付けが終わり、
あとは、大事に育てるのみです。

今朝も、私がシャワーで水まき。

植わったばかりの苗たちに、
命の水をたっぷりと。

そして、私もまた、
ほのかに漂う野菜のにおいと
シャワーのしぶきを浴び、シャッキリ!
この清々しい、一石二鳥の作業は、
私の日課になりそうです。

盛夏には、たくさんの野菜が
収穫できる予定。

無事に野菜パーティーができるよう、
夫婦共々、修行して参ります。