ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

美味しい金魚

VOL.156 2007年08月27日

夏祭りでの金魚すくい。

死なせてしまったら可愛そうと思い
もう何年もやっていませんでしたが、
息子や姪っ子がやってみたいというので、
子ども達の道徳教育のために決行。

金魚すくいの極意を見せてあげようと
ちょっと張り切っていたダンナ。

集中しているあまり、息子が
やりたそうにモジモジしている様子に
全く気づいちゃいません(笑)

最近では、持ち帰り数の制限をする店もあるようですが、
ここは、すくった分だけ持ち帰っていいルール。
良心的です。

たくさんすくおうと気合を入れるも、
戦利品は、黒の出目金1匹のみ。
なかなか難しいもんですね。

結局、持って帰って来たのは、
お店の人がオマケしてくれた赤い金魚と
姪っ子2人の金魚を合わせた、計6匹。


今日も、我が家の水槽でのびのびと暮らしています。

普段は乱暴な事ばかりしている息子ですが、
朝晩エサをあげて、それなりに可愛がっているよう。

この調子で、生き物を大事にし、
命の尊さを知って欲しいものです。

後日、デパ地下で
金魚のゼリーを見つけたので、
ちょっと息子を試してみる事に。

『今日は、水槽の金魚でおやつを作ったよ』
と、目の前に差し出してみて
いったい、彼はどんな反応を示すのか、と。

大人のジョークが通用するのか、
はたまた、3歳らしく本気にして、
ちょっぴり悲しんだりするのか…???

ワクワクしながら、からかってみると、
開口一番「わぁ、美味しそう」ですって(驚)

『ウチの金魚ちゃんでも食べちゃうの?』と
聞き直しても、ゆるがない態度。
真っ先に金魚の部分をガブリと食べて、
『金魚、おいし~!』とな。 ∑(゜д゜υ)

ジョークが通じたと思いたいのは山々ですが、
なんとなく、金魚を食用だと思っていた
ふしもあり、真相は闇の中…。

『金魚はペットなのよ』
道徳教育の前に、まずは基本的な教育を
すべきでしたね(笑)