ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

横浜育ち

VOL.139 2007年04月30日

潮干狩りと言えば、
”自然豊かな海辺のレジャー”
といった印象を持っていた私ですが、
ここ横浜でも出来るんです、実は。

写真は、 「横浜市金沢海の公園」。
埋立事業の一環として作られた
長さ1kmの人工海岸で、
横浜市内で唯一、潮干狩りの
できる場所だそう。
しかも、払うお金は駐車場代のみで
潮干狩りの料金は無料。

近くのジェットコースターと、
港湾のコンテナクレーンを眺めながら
天然のアサリを採るなんて、
なかなか、オツなものです。

前日に、潮位の低い最適日を
迎えてしまったので、
この日はもう、大きなアサリは完売。

そりゃそうです、
トップシーズンはお客も多いので、
貝の成長が間に合わないのです。

料金が発生する管理狩り場では、
早朝に貝をまく所もある、
…なんて話も聞いた事がありますが、
ここは、お金もとられなければ、
わざわざ貝をまく事もないよう。
全く自然のままなのです。

小さめのアサリばかりなのは、
いささか残念な気もしますが、
これも、自然の摂理を実感できる
いい機会です。

親は、血眼でアサリを探し、
子は、アサリに飽きて砂遊び。

…どこの家族も相場は同じでした(笑)

この日の収穫は、ザッと500グラム位。

3人だと6kgまで採っていいので、
行きの車中では、どんなレシピで
食べきろうかと悩みましたが、
それも全て取り越し苦労に…(笑)

晩ご飯のお味噌汁で
終わってしまいました。

小さめでしたが、味は濃くて美味。
横浜育ちのアサリが
こんなに美味しいなんて…。

今度は、潮見表と天候と曜日を
しっかり見極めて、
大物狙いで行きます!!