ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

花より団子

VOL.136 2007年04月09日

川沿いに延々と続く、ピンク色の帯。
ここは、東京都・町田市に流れる
恩田川沿いの桜並木。

両岸には遊歩道が整備され、
約3Kmに渡って

ソメイヨシノを
見る事ができます。

私も夫もこの近くの
高校に通っていたので、
恩田川=母校 というイメージ。

そういえば、高校時代は二人でよく
この並木道を歩いたっけ…。
…と書きたいところですが、
残念ながら、散歩の記憶なんて
皆無に等しいです(笑)

なんせ、当時は「花より団子」の年頃。
帰り道、学校裏のお肉屋さんで
コロッケやイカゲソフライを買い、
食べながら一緒に帰るのが日常。
色気も何もないです。

こんなに桜がキレイだったとは…。
”灯台下暗し”とは、この事です。

ジョギング中のお父さんも、
信号待ちのバイクも、
お散歩中のお母さんも、
誰もが目を奪われる光景。

走行中の車も、ついつい脇見運転。

お気持ちはわかりますが、
くれぐれもお気をつけて…(^-^)

川縁に垂れる桜のアーチをくぐると、
程よい木漏れ日が差し込み、
なんとも心地がいい。

若い頃は、お花見なんて
まるで興味がなかったのに、
こういう光景に感動するように
なったのは、一体いつからだろう。

少しは「花鳥風月」のわかる
歳になったのだろうか。

結局のところ、締めは食べ物で♪

通い詰めた例のお肉屋さんで
夫婦揃って「イカゲソフライ」を購入。

15年前は、確か(?)40円位だった
「イカゲソ」も、今では60円。
しかも、当時はもっとゲソが大きく、
衣も薄かったような…。

これもコスト削減の波なのか、
はたまた、おのれが揚げ物にこたえる
年齢になったのか(笑)

そんなくだらない談義をする
われら三十路夫婦は、
やっぱり今も 「花より団子」
 …なのでした。