ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

これも食育

VOL.124 2007年01月15日

「手作りうどんセット」というものを
買ってみました。

私の母は、昔から既製品派なので
実家での手作り記憶はないのですが、
私が小学生の頃はまだまだ
手作りする家庭もあり、
遊びに行く度にうどん踏みを
させてくれる友人宅もあったほど。

既製品の方が、出来が良いに
決まっているのですが、
このセットを見ていたら、
そんな懐かしい記憶が蘇り、
自分で作ってみたくなったのです。

それに、子供達にうどんの成り立ちを
教えるためにも、ちょうどいい機会。
…いわゆる「食育」ってヤツです。

小麦粉に塩水を少しずつ入れ、
生地をまとめているところ。

小学生の姪はさすがに上手でしたが、
息子はめちゃくちゃで、
そこらじゅうに、グチャグチャの
小麦粉を飛び散らしていました。

本当は、「汚さないでね(`3´) 」と
言いたかったけれど、
「少し自由にやらせてあげないと…」と、
この日だけは、鬼母も口にチャック。

じっとガマンの母でした。

生地が持ちやすくなると、
次第に取り合いに…。

その後は、夫の実家で
うどん踏み、麺切りをして、
ざるうどんにして試食。
(写真を撮り忘れて、大失敗)

で、持ち帰った「ざるうどん」がこれ。

味はそこそこ。
一応、うどん味になってました(笑)

でも、太さ・長さはバラバラ。
一本一本は、長くても10センチ程で、
時折、すいとん化したものも…

しかも、踏みが足りないのか、
水が多すぎたのか、
予想外のコシなしうどんに。

「所詮、こんなもんさ」という気持ちと、
「あの時こうすれば…」という後悔が
入り乱れた複雑な心境(笑)

でも、こういう結果も含め「食育」
なんでしょうね。
親も(親が?)勉強になりました(^^)

ちなみに…。

花かつおからダシをとったつゆは、
最高に美味でした。
お蕎麦屋さんのつゆに近い感じです。

普段は、既製品の希釈用つゆを
多用してしまう私ですが、
きちんととった一番だしは、
やっぱり絶品!

うどんはともかく、
これだけでも収穫でした。

近いうちに、うどん作りもリベンジです!!