ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

雲にビビる

VOL.102 2006年08月07日

7月24日、富士山麓の
「ふじてんスキー場」にて。

地ビールでいい気分になっていると、
巨大な渦巻き雲が出来ていることに
気づきました。

今にも降りてきそうなくらい接近していて、
まるでSF映画の一コマのよう。

「もしや、300年ぷりの富士山噴火か?」と
一瞬、恐怖に戦きましたが、
ドッグランに遊びに来ていた犬が
平然と遊んでいたので、ひと安心(笑)

しっかりと、残りのビールを堪能しました。

10分後の画像。
形は若干変わるものの、依然として
同じ場所で渦を巻き続けていました。

調べてみると、おそらくこれは
「つるし雲」というもので、
富士山などの高い山に強風が当たると、
時々、こんな雲が出来るとか…。
形も、円筒状、楕円状、動物の形など
いろいろのようです。

山周辺の地域では、
おなじみの雲なのですね。
前兆でも何でもありませんでした(笑)

それにしても、平野部に住む私が、
これほど大きなつるし雲を
間近で見られるのは、とてもラッキーな事。

もう一度小学生をやり直せるなら、
これを『夏休みの自由研究』のテーマに
選ぶのになぁ…と思うくらい、
貴重な体験でした。

山の近くへお出かけになる方は、
ぜひ雲観測を。 …オススメです。