ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

灯台下暗し

VOL.87 2006年04月24日

ごく最近になって、我が家の近くに
養鶏の盛んな地域がある事を知りました。

1960年代に、東京や横浜といった
大消費地をひかえた近郊農業として
養鶏業が盛んになったそう。

車で徘徊してみると、確かにあちこちで
鶏舎と卵の直売所に遭遇します。
ネットで検索すると、半径1.5㎞の範囲に
10件もの養鶏業者さんが、ヒットするほど。

そんな事を聞きつけると
たちまち買いたくなってしまう私。

今回買った、こちらの「宝夢卵」という卵は、
薬品を使わない代わりに
鶏の体力を高めるよう、
風通しをよくしたり、日光を浴びせたり、
自然の有効細菌を使っているとか。

値段は、スーパーの倍近くしますが、
ビタミンE(通常の14倍)と鉄分が豊富で、
臭みがなく、甘味が強いのだそうです。

それに、以前は
560種ものブランド卵バトルで、
黄身に楊枝を立てる「ようじ選手権」で
1位を獲得した事があるそうな…。

さっそく家で楊枝を立ててみることに…。

左が一般的な卵で、右が「宝夢卵」

「ようじ選手権」が、本数を競うものなのか、
倒れるまでの時間を競うものなのかは
よくわかりませんが、
確かに黄身の濃度は高く、
耐久力は全然違います。

卵かけご飯で食べてみると、
その濃さがよくわかります。
濃くて、甘くて、やっぱり美味しいです。
お醤油をたくさん入れちゃうと
もったいないくらい。

日頃は、ネットで美味しいものを
取り寄せたりする私ですが、
地元も侮れませんね。
灯台下暗しとはこの事です。

近いうち、卵かけご飯のために
また車を走らせてきます!!