ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

見た目はムニャムニャ

VOL.78 2006年02月20日

夫の実家には、
毎年「ふきのとう」が出ます。

先日、実家に行った時も、
15個ほどもらって来ました。
香りがよくて、家に帰ってからも
何度もクンクンしてしまいました。

ネットで見つけた情報によると、
ふきのとうは、冬の間眠っていた体を
目覚めさせる作用があるそうです。

冬眠から目覚めた熊が、
最初に口にするのも、ふきのとうだとか…。

このふきのとうで、 夫が大好きだという
「ふき味噌」を作ってみました。

茹でて刻んだふきのとうをゴマ油で炒め、
味噌、酒、砂糖を加えて、
お酒が飛ぶ程度に炒めるだけ。

見た目は、かなりのムニャムニャ系。
写真をどう撮っても、ムニャムニャ感は
否めません(笑)

なんだか離乳食みたいですが、
味は、なかなかの出来。
人が作ったみたいに美味しいです。

それにしても、ムニャムニャ系の
食べ物って、見た目とは裏腹に
美味しいものが多いと思いません?

なめろうや、もんじゃ焼きに
出会ったときも衝撃的でしたが、
「ふき味噌」は、さらに上を行きます。

私の中の『ベスト・オブ・ムニャムニャ』かも…。

出来上がった「ふき味噌」は、
ホカホカのご飯にのせて
食べるとサイコーです。

あとは、おにぎりにするもよし。
筍や茄子につけて焼くもよし。
もちろん、お酒のつまみに
ムニャムニャ舐めるもよし。

今回の「ふき味噌」は、
茶碗半分しか出来ませんでしたが、
大事に大事に、春の味を噛みしめます。