ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

獅子舞

VOL.72 2006年01月09日

親族との新年会。
ホテルでお食事をしていると、
会場の外に、獅子舞が登場!

お囃子の音色も相まって、
なんともお正月らしい賑わい。

獅子に頭を噛んでもらうと、
「頭の良い子に育つ」「頭痛持ちが治る」
「1年健康でいられる」等々、
いろんな言い伝えがあるそうなので、
とりあえず私も噛んでもらいました。

もはや、「頭の良い子」には
なれそうもないので、健康祈願として。

この方は、大黒様のようです。

小槌を振って、小判をばら撒くと、
お客さんが、こぞって拾っていました。

私もすかさず…と思いましたが、
子供を抱えたまま、せかせかと拾うと
どうも貧乏くさくなりそうなので、
息子に拾わせたりして(笑)

…でも、本当は拾っただけでは
ダメなんですよね。

そもそも、大黒様は五穀豊穣の神様で、
本来、小槌は稲穂の種を出すもの。
種を撒き、一生懸命育てて実らせよ、という
メッセージだと聞いたことがあります。

何事も努力あるのみ、という事ですな。

散々、私と行動を共にした息子ですが、
実は、彼はこの手の
”得体の知れないもの”が大っ嫌い。

大黒様のようにお面を被った人も、
戦隊ヒーローも、マネキンもダメ。
獅子に頭を噛んでもらうなんて、
以ての外です。

あまりの恐怖感から、子猿のように
がっちりしがみついて来るのですが、
私はそれがおかしくて可愛くて、
何度も獅子舞に近寄ってしまいました。
(ごめんよ…)

気のせいか、近くで元気に遊んでいた
チビッ子の数も激減しているような…。
みんな、興味がないふりして、
さり気なく逃げたんでしょうね(笑)

今も昔も、子供たちの本質は
変わらないのですね。

微笑ましいお正月でした。