ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

野寒布(ノシャップ)の夕日

VOL.54 2005年09月05日

先日、家族で北海道を旅してきました。

美味しいものをいっぱい食べ、
名所も満喫してきたのですが、
一番感動したのは、最北の地・稚内にある
『野寒布(ノシャップ)岬』の夕日。

周りには、海と風とまばらな人影…。
夕日に照らされた熟年ご夫婦(?)の
シルエットがとっても素敵でした。

…なんだか絵になりますよね♪



余談ですが、私はノシャップ岬の事を
根室の「納沙布(ノサップ)岬」と
混同していました。

でも実は、両方とも語源は同じで、
「岬がアゴのように突き出たところ」
「波のくだける場所」という、
アイヌ語の”ノッ・シャム”から来ているそう。
…どうりで、似ているわけですね~。

日没間近になると、
展望台には、どこからともなく人が集まり、
雲一つない空は、一層赤みを増して来ました。

水平線をじ~っと見つめていると、
ものすごく速いスピードで
太陽がグングン沈むのがよく見えます。

「お~、これは感動!!」

子供の世話を夫に任せ、
地球の自転の速さと
人間のちっぽけさを感じながら、
しばしウットリ…。

一眼レフを持っていけばよかった、と
ちょっぴり後悔したひと時でした。

いつか、熟年夫婦と言われる年になったら、
また来たい場所です(^-^)