ナカヤっちが撮影する、ほのぼの写真やおかしな写真たち。
どうか、あなたの「息抜きのひととき(脱力アワ~)」になりますように…

魚市場にて

VOL.33 2005年04月11日

春の陽気に誘われて、
静岡県・沼津魚市場まで
ドライブしてきました。

市場近くの食事処はどこも人気なのですが、
私達一行は他の店に目もくれず、
お気に入りの店に直行!

なぜなら、写真の「いくらうにぶつ丼」が
食べたかったから♪

甘くてとろける極上のウニと、
直径8mm位はある大粒のイクラ
そして、厚手のぶつ切りマグロ
これでもか!というほど乗った、
それはそれは豪華な丼です。

しかも、丼といってもお蕎麦屋さんで
食べるようなサイズではなく、
もうほとんどラーメン鉢の域。
その上、お替り自由のカニ汁がついて、
1,365円というからオドロキ!!

気がついたら、私達一行は全員
これを注文していました。

こちらは、この店名物の「かき揚げ」。
なんと、この筒型形状で
特許を取っているんだとか…。

これだけ高さがあるのに、
中の方まで、ザクザクの食感。
エビと小柱がたっぷり入っていて、
お値段735円也。

お箸でつんつんして、
崩しながらいただくのですが、
食べても食べてもなかなか
減らない気分になります。

これ一つで、生ビールジョッキ3杯は
いけそうです。

港近くの魚屋さんで、
イルカの食肉を発見。

『日本でも、イルカを食べる地域がある』
と聞いた事はあったのですが、
目の当たりにするのは、これが初めて。

普段、馴染みのない私にとっては、
とても珍しく、やや衝撃的な光景でしたが、
考えてみれば世界中には、
犬、鳩、モルモット、アザラシなど、
意外な食材は多々あるわけで…。
イルカも、この地の食文化なんですよね。

ちなみに、肉質はクジラに近いようです。

美味しく、そして、考え深いドライブでした。